FLASHFORGEで買える、家庭用におすすめの3Dプリンター5選




自分で好きなものを簡単に作れることから人気を集めている3Dプリンター。

販売当初は業務用ばかりでしたが、近年では、家庭用で使える低価格な商品がたくさん出てきています。

 

しかし、商品が多すぎて、結局どの商品が良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、この記事では、デスクトップ型の3Dプリンターを販売しているFLASH FORGEのおすすめプリンターを紹介していきます。

 

アフターサポート、修理サービス、発送サービスなど全てを日本国内で行っているため安心安全に利用出来ます。

ぜひ、この記事を参考に自分にあったおすすめの3Dプリンターを見つけてください。

Adventurerシリーズ

家庭用3Dプリンターで一番人気の高いAdventurerシリーズをご紹介致します。

現在当社で取り扱っているAdventurerシリーズは下記の4種類です。

Adventurer 3・Adventurer 3S・Adventurer 3X・Adventurer3 Lite

Adventurerシリーズの全ての特徴としては以下のような特徴が挙げられます。

・メンテナンスがしやすい
・0.3mmのノズルも取り扱っている。
・コンパクトなサイズ感
・静音性に優れており、45デシベルの音に抑えることが可能。

(45デシベルは図書館と同じ静かさ)

現在他の3Dプリンター製品は0.4mmノズルまでしか取り扱っておりませんが、
Adventurerシリーズは0.3mmノズルを取り扱うことができます。

0.3mmノズルを取り扱うことによって、より細かな造形が可能となります。

Adventurer3について

 

Adventurer3(アドベンチャー3)の商品画像

3Dプリンター Adventurer3(アドベンチャー3)FLASHFORGE JAPAN

ヘッド数:1
出力方式:熱溶解積層方式(FFF)
積層ピッチ: 0.05~0.3mm
出力サイズ:150×150×150mm
重量:9kg
対応フィラメント:PLA 500g

Adventurer3は、熱溶解積層方式(FFF)の3Dプリンターです。

 

そして、弊社の商品の中でも圧倒的な人気を誇っている商品です。

今までの商品の中で最もコンパクトなサイズ感にも関わらず、大きなプリントサイズを実現した自信作です。

 

今まではFinderが最もコンパクトでしたが、そのFinderよりも一回り小さいサイズを実現できました。

 

Adventurer3についている機能

フィラメント検出機能

フィラメントが途中で切れると自動で一時停止を行い、新しいフィラメントに変えると途中から再開されます。

 

ワンプッシュで取り出し可能ノズル

フィラメントがノズルに詰まってもワンプッシュで取り外しが可能です。

 

リアルタイムの監視が可能

インターネットに接続可能な高画素のカメラが搭載しているので、スマートフォンから造形の様子の確認が可能です。

 

軟性プラットフォームが付属
完成したモデルを取り出すことが容易に可能です。

 

Adventurer3Sについて

 

3Dプリンター Adventurer3S(アドベンチャー3S)FLASHFORGE JAPAN

ヘッド数:1
出力方式:熱溶解積層方式(FFF)
積層ピッチ: 0.05~0.3mm
出力サイズ:150×150×150mm
重量:9kg
対応フィラメント:ABS,PLAなど

 

Adventurer3には、同じシリーズモデルとしてAdventurer3Sがあります。

Adventurer3Sは基本モデルのAdventurer3と比較して次のような特徴があります。

 

・スケルトン仕様で、内部の構造が見えるため造形の仕組みが分かりやすい。

3Sのメールマガジンを参照。

・ファンにエアフィルターがついている。(3Sと3X)

においや粉塵をろ過する。

・付属品の中にカード型のUSBメモリーがついている。

 

スケルトン仕様で、内部の構造まで見たいという方にはこちらのAdventurer3Sがおススメです!

 

Adventurer3Xについて

 

3Dプリンター Adventurer3X(アドベンチャー3X)FLASHFORGE JAPAN

ヘッド数:1
出力方式:熱溶解積層方式(FFF)
積層ピッチ: 0.05~0.4mm
出力サイズ:150×150×150mm
重量:9kg
対応フィラメント:ABS,PLA,メタルフィラメントなど

 

Adventurer3XはAdventurerシリーズの中で唯一日本限定かつ金属造形可能な製品です。そして、世界トップシェアを誇るフラッシュフォージ社が長年培ってきたFFF造形技術と最新機能が融合された格別な製品です。

Adventurer3Xは基本モデルのAdventurer3と比較して次のような特徴があります。

・付属品に0.4mmのノズルと0.3mmノズルがついている。

・金属造形が可能

ステンレスのフィラメントを印刷後脱脂と焼結することによって
ステンレスのモデルを造形することが可能になります。

(当社にお問い合わせ頂き、モデルを頂ければ代行で脱脂・焼結を行うサービスもに実施しております。)

※実際のモデルのサイズから縮小されるため、精密な精度が求められるものには、向きません。しかし、金属造形が可能になることにより3Dプリントで造形できるものの可能性が広がります。

 ・ファンにエアフィルターがついている。においや粉塵をろ過する。

・付属品の中にカード型のUSBメモリーがついている。

・軟性プラットフォームに加えカーボンプラットフォームがついている。

カーボンプラットフォームは金属造形の際に使用するプラットフォームで、
軟性プラットフォームと比較し表面に質感があります。

 

金属造形もしたい/日本限定製品が欲しいという方にはこちらのAdventurer3Xがおススメです!

Adventurer3 Liteについて

3Dプリンター Adventurer3Lite(アドベンチャー3ライト)FLASHFORGE JAPAN

ヘッド数:1
出力方式:熱溶解積層方式(FFF)
積層ピッチ: 0.05~0.4mm
出力サイズ:150×150×150mm
重量:9kg
対応フィラメント:ABS,PLA,など

 

Adventurer3 Liteは、大人気プリンターAdventurer3の低価格モデルとなります。

Adventurer3と比較して、以下の機能がオミットされた機種となっております。

 

・遠隔カメラ機能

・フィラメント切れ検出機能

 

機能は少なくなっていますが、その分Adventurer3よりも低価格での販売を実現しております。

 

Finder(ファインダー)

Finder(ファインダー)の商品画像

3Dプリンター Finder(ファインダー)FLASHFORGE JAPAN

ヘッド数:1
出力方式:熱溶解積層方式(FFF)
積層ピッチ:0.05~0.3mm
出力サイズ:140×140×140mm
重量:11kg
対応フィラメント:PLA 500g

  • 2016年IFデザイン賞※受賞
  • Amazon売れ筋ランキング13ヶ月連続1位獲得

※デザイン界のオスカー賞とも言われ、「外見だけに留まらない高品質のデザインを備えた製品」に与えられる権威のある賞。

 

Finderは、他の多くの3Dプリンターとは異なり、組み立て不要!

 

そして、指一本で次のような作業を行うことが出来ます。

 

  • フィラメント交換
  • プリント実行
  • Wifi接続

 

 

さらに、家庭で使用することを想定した50デシベルという超静音に抑えられています。

これによって、家族に迷惑をかけることなく、作業に没頭出来るのも嬉しいポイントですね。

 

 

  • 高性能
  • 超静音
  • 届いてすぐに使用可能

 

三拍子が揃っているので、初心者が持つ初めの一台として非常におすすめです。

 

GuiderII(ガイダーツー)

GuiderII(ガイダーツー)の商品画像

3Dプリンター Guider2(ガイダー2)FLASHFORGE JAPAN

ヘッド数:1
出力方式:熱溶解積層方式(FFF)
積層ピッチ:0.05~0.3mm
出力サイズ:280×250×300mm
重量:30kg
対応フィラメント:ABS・PLA・HIPS・PVA・PP・TPU・高熱耐性PLAなど

GuiderIIは、最小積層ピッチ50μmという高精度で造形できる熱溶解積層方式(FFF)のデスクトップ型の3Dプリンターです。

 

この商品の特徴は、本体の最大造形サイズが280(幅)×250(奥行)×300(高さ)mmと、プリント可能サイズが大きいことです。

そのため、家庭用ではありますが、本格的に使用される方向けにおすすめです。

 

Guider2ついている機能

フィラメント検出機能

フィラメントが切れると、新しいものに交換するまで自動的に一時停止をしてくれる。

 

停電回復機能

プリント中に電源が落ちても、再起動する事で再開可能

 

また、ヒーテッドベッドを標準装備しているので、PLA樹脂だけでなく、ABS樹脂による造形も可能になのも嬉しいですね。

 

Hunter(ハンター)

Hunter(ハンター)の商品画像

3Dプリンター Hunter(ハンター)FLASHFORGE JAPAN

出力方式:光造形方式(DLP)
積層ピッチ:25~50µm
出力サイズ:120×67.5×150mm
重量:17.8kg

Hunterは、DLP方式の光造形3Dプリンターです。

 

光造形は、紫外線を当てながら液体の樹脂を固めていく方法なので、先ほどの紹介した1.2.の熱溶解積層方式(FFF)とは異なり、複雑な造形物も表面が滑らかで完成度の高いものを作ることが出来ます。

実際にHunterは、デジタルFHD1080P(405nmLED)という照明エンジンが搭載されているので、造形物の表面が滑らかで繊細に仕上がります。

 

また、一般的に光造形方式は完成までに時間がかかると言われていますが、Hunterの場合は、独自に開発したUVランプを使用することで、そのデメリットを克服しています。

この「UVランプ」は、一括面露光式なので、造形物の大きさや数量に関わらず、造形物が出来るスピードを速くすることが可能です。

 

  • フィギュア
  • 宝石、ジュエリー

 

などの家庭用はもちろんですが、それ以外にも、

 

  • 教育機関
  • 医療機関
  • 研究機関

 

などにも導入されています。

 

こちらの商品も届き次第、すぐに使用できるように必要物は全て揃っています。

完成度のこだわる方には、こちらの光造形方式のHunterがおすすめです。

 

Creator Pro2(クリエイタープロ2)

3Dプリンター Creator Pro2(クリエイタープロ2)FLASHFORGE JAPAN

ヘッド数:2

出力方式:熱溶解積層方式(FFF)

積層ピッチ:0.05mm~0.4mm

出力サイズ:200mm×148mm×150mm

重量:21.5kg

対応フィラメント:ABS、PLA、及びHIPSなどの溶性サポート樹脂

 

Creator  Pro2(クリエイタープロ2)は、独立式デュアルヘッドを搭載した熱溶解積層方式(FFF)の3Dプリンターです。

 独立式デュアルヘッドを搭載していることにより、独立式デュアルヘッドは2種類の材料を交互に交代して使用できる他、同時に複数のモデルをプリントすることができます。

 

また、サポート材に溶解性樹脂を使用可能なので、サポート材の除去が簡単に出来ます。

 

そして、エクストルーダーの左右に冷却装置ファンを装備しているので、造形物を素早く冷却してくれます。それにより、造形物の完成速度を速めてくれるのもこの商品の特徴です。

熱溶解積層方式(FFF)の3Dプリンターとしては、実質世界最高クラスといっても過言ではない性能です。

家庭用・業務用どちらでも使用できる高性能の3Dプリンターです。

 

まとめ

いかがでしたか?

気になる3Dプリンターは見つかりましたか?

ぜひ、今回の記事を参考に自分に合った3Dプリンターを見つけてくださいね。