Filament | 3Dプリンター | フラッシュフォージ

Filament
フィラメント

  • ABS, PLA, HIPS, PVA, PC, PA
  • 1000g&500g
  • 径1.75mm

  • FLASHFORGE社はデスクトップ型パーソナル3Dプリンターの製造メーカーです。
    2013年より、独自開発の樹脂製フィラメントも特許所得し、欧米エリアを中心に販売活動をしております。
    3Dプリンターの製造メーカーだけではなく、品質にこだわりのあるフィラメントメーカーでもあります。

フィラメントに自信あり!

  • ヘッドの目詰まりが激減します
  •              
  • エクストルーダーで正確に供給できて滑りにくい
  • 収縮が少なくオーバーハング形状でも造形しやすい
  • オブジェクトの積層跡が目立ちにくい
  •              
  • リールの巻き取り方がきちんとしています

  • ABS樹脂は粘着性があり、強度があるのが特徴です。
  • 日用品や雑貨などの造形に適しており、パーソナル3Dプリンターの多くはABS樹脂を採用しています。
  • ABS樹脂はその性質からサンドペーパーや紙やすりなどもかけやすく、プラスチック用塗料などの塗装もしやすいです。
  • ABS溶解温度 : デフォルト220度

[500g]
レッド
オレンジ
グリーン
ブルー
ドールカラー
ホワイト
ライトグレー
ダークグレー
ブラック

[1000g]
レッド
オレンジ
グリーン
ブルー
ホワイト
ライトグレー
ダークグレー
ブラック

                 
  • 悪臭が少ない農産物由来のエコ素材PLAフィラメント。材料は、
                  農産物由来のプラスチックとして注目を集めているPLA(ポリ乳酸)です。
  • PLAは、最終的に二酸化炭素と水に分解されるエコ素材のため、安心してご利用いただけます。
  • PLA溶解温度 : デフォルト210度

[500g]
レッド
オレンジ
グリーン
ブルー
ピンク
ミントグリーン
アイスブルー
シルバー
ライトグレーノンクリア
ドールカラー
ナチュラル
ホワイト
ダークグレー
ブラック

[1000g]
レッド
オレンジ
グリーン
ブルー
ナチュラル
ホワイト
ブラック

  • HIPSは主にABS樹脂向けのサポート材となります。
  • 通常だとサポート除去が難しい構造でもリモネンが届くなら除去できます。
  • HIPS樹脂はリモネンという柑橘類から取れる溶剤によく溶けます。
  • ABSはリモネンに溶けないのでABSでできたオブジェクトだけが残る仕組みです。
  • HIPS溶解温度 : デフォルト230度

[1000g]
ナチュラル

  • 水溶性サポート剤
  • 環境にやさしい
  • 常温で水に溶けます
  • プリント温度が範囲広く、190-220度の間できれいにプリントできます

                 
  • 食品レベルのPC材料で開発した3Dプリントするのに適用合金素材です
  • PC材料は食品レベルで、BPAが入ってない。
  • PC材料の透明性を保ち、透光率は85%以上
  • PC材料のいい機械性能を保ち、耐衝撃性と硬さが高い
  • 難燃性が高く、UL94 V-0レベルの難燃性がある
  • 普通のPC素材でプリントする際に出る反るや亀裂の問題

  • 透明度が高く、透光率が90%に至る
  • 光沢度がいい
  • 100℃条件で長時間使用できる
  • 素材径精度が高く、直径の標準偏差値?0.05mm
  • プリント温度の幅が広く、220-260℃の間に順調にプリントできる
  • 底部面積が小さい模型をプリントする際、プラットフォームは加熱しなくても大丈夫

  • 出力する際にサポート材が必要ないモデル(サポートが必要なモデルは焼結できません。)
  • 三角形や正方形のような安定した形状
  • オーバーハングの少ないモデル
  • 肉厚は少なくとも5mm以上

フィラメントの保管方法

  • フィラメントを保管していただく際は、密閉容器に乾燥剤と共に入れていただくと長持ちします。
  • エクストリームZEROは、従来のシリカゲルとは違い圧倒的な乾燥能力があります。
  • フィラメントの湿気を給水している度合いやお使いの環境にもよりますが、
    だいたい半日程度以上、本製品を使用した保管環境にフィラメントを入れていただければ脱水効果が表れます。
  • 湿度計があるとより視覚的に管理が可能です。

プリントする際に樹脂交換においての注意点

  • PLA樹脂からABS樹脂の交換は問題ないのですが、ABS樹脂からPLA樹脂に交換する際、注意が必要になります。
  • 先述のように、ABS樹脂の方がPLA樹脂よりも高い温度で溶けます。
  • 高い温度でABS樹脂がプリントヘッドからすべてなくなるよう、PLA樹脂で押し出します。
  • この際、温度を変えず、高温のまま放置しないよう注意してください。
  • PLA樹脂は植物由来のため、焼けて炭化してしまい、ヘッドから排出できなくなります。
  • このように素材の特性を理解しておけば、トラブルを回避することができます。

見積依頼
企業&学校法人専用
お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-393-595