【重要】Adventurer3シリーズ専用265℃高温対応ノズルについて【Project265】

専用スライスソフト「FLASHPRINT」のアップデート(4.6.1)内容について

1、Adventurer 3シリーズのノズル温度を265度まで変更
2、Adventurer 3シリーズにPC、PETGのプリントパラメーター追加
3、スライス最適化、モデルの小さな部分でのパスの欠落の改善
4、その他の機能の最適化とバグ修正

となっておりますが、1、2番に関してましては現在未発売のAdventurer3シリーズ専用265℃高温対応ノズルが必要となります。

そのため、現在この設定でプリントはできません。

絶対にPC/PETGの設定でプリントしないでください。

  

 

尚、画像にあるPC/PETGの設定でデータの変換を開始しようとした場合には、画像のような警告文章が出ます。

記載通り故障の可能性がありますので使用しないでください。

また、そのままAdventurer3シリーズ本体でプリントを開始した場合は本体の異常加熱検知機能が適用され、ノズル温度が常温まで低下します。

  

この状態で放置するとフィラメントが溶けないまま逆流しますのでヘッド内のパーツやエクストルーダー故障の原因となります。

最後に、Adventurer3シリーズ専用265℃高温対応ノズルのリリースはまだ先になります。
発売まで今しばらくお待ちください。

265度対応ノズルの開発状況について

Adventurer3の265℃対応ノズルの開発状況につきましては、以下のnoteで共有しています。
よろしければフォロー等、お願いいたします。

https://note.com/flashforge_japan

ブログトップへ