FDM

ホームページリニューアルオープン&価格改定について

ホームページリニューアルオープン&価格改定

いつもFLASHFORGEの3Dプリンターをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度はホームページリニューアルオープンと同時に販売定価を調整致しましたのでご報告させて頂きます。

今後ストア内においては全て税込送料込の価格として表示致します。(部品などの一部商品は除く)

3Dプリンターの新しい価格は画像の方ご参考頂ければと思います。

今後ともぜひよろしくお願いいたします。

FLASHFORGE JAPAN <↓ 画像をクリックしてトップページに戻る>

flashforge

日本橋3Dプリンター展示ショールームリニューアルオープン

7F889DD676062B83EC4B1F570DB150E2A34E444ADD900ED734FEACED205A5F55 7E2738C5ACB48DC4ABB489A20B395E19

この度はFLASHFORGE JAPANフラッシュフォージ3Dプリンター展示ショールームをリニューアルオープン致しました。

場所:556-0005 大阪市浪速区日本橋4-5-9

お問い合わせ:06-6710-9061

営業日:月~土曜日(朝10時~夕方18時まで)

ショールームを見学する際はぜひホームページより見学申し込みをお願い致します。

見学申し込み専用ページリンク:http://flashforge.co.jp/tenshi/

2階にて3Dプリンター本体とフィラメントも販売しておりますので即お持帰り頂けます。

 

FLASHFORGE JAPN

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

ブログ24g

 

フラッシュフォージ・ジャパン 2015年後半新発売商品3DプリンターGuiderとFinderのエクストルーダーメンテナンス&ヘッド目詰まり解消方法についてです。

画像を参考しながら目詰まりを解決しましょう。

 

①作業前は必ず3dプリンターの電源をオフにしましょう。

BDAD9937F87CDB107511E18803404860

②付属の六角レンチでエクストルーダー上部カバーのネジ二本を外します。

B25DE67F79E9803C4B5E050DAA47F062

③プラスドライバで手前のプラスネジを外します。

5744A6B8904E9869AB58262C4B92EA1D

④三本のネジを外すとエクストルーダーカバーの取り外しが可能になります。

C284C7EF60517C0AC1F971639F25B7B7

⑤水平だし用サーボセンサーが固定されたプラスネジ三本を外してセンサーのコネクタを基盤から外します。

A24A5329C0E3E82F342B22D18CA01839   CBCC1ADE57B0D6D4F8BBFDCFFE7E8411

⑥モーターのコネクターとターボファンのコネクターを外します。

D81380EAB21C26BF25A31AF65C524B18

⑦基盤からリボン配線を外します。

105F98DDAA8487F9C3554102C9D32FCB

⑧3本の六角ネジを取出して基盤を左側に避けさせておきます。(ホットエンドと熱電対のコネクタだけは外さずに残しておきます。)

FD72BB8CC89A7FCC775F363BA3F1DA46

⑨フィラメント引込用モーターの六角ネジ二本を外しすとモーターが取れます。

0ADA8A5829A715BAC4F2A945BEB4AE63

⑩モーターのギア(赤い丸)にフィラメントの粉末が付いてる場合はブラシで掃除します。

B8E538E4900538FC4E321BD3D7747C60

⑪再びモータとターボンファンのコネクタを基盤に付けておきます。

11D4DA781DB7C79C066D7084C1266A15

⑫フラッシュフォージのノズル径は0.4mmなので0.3mmのドリルを使用します。

(ドリルセットは市販で入手できます。アマゾン、ヤフーで2000円未満で購入できます。3Dプリンター ヘッドまたはノズル/ドリルで検索してみてください。)

391BDFD6FC7FBB705EC2696ED9D5C8F2  0ADE74535810447047D1DE17328D2358

⑭引き続き本体の電源をおんにしてタッチパネルからヘッド押出し作業を実行します。

(ホットエンドが加熱し230度まで上がります。)

F21925FA92A34EDD6F61BE1D85174689

⑮ヘッド温度が230度になってから径0.3mmのドリルをヘッドの目先に挿入し、少しづつ左右に回転します。

F798BD1233680EF6AD5C29348D5AB775

⑯ドリルが5mmほど入ったら今度はフィラメントと同じくらいの針または六角レンチをホットエンド上側のフィラメントが入る穴に押入れると目詰まりを起こしたゴミがフィラメントと共にヘッドから流れ出されます。(以上方法はあくまでも通常の目詰まりトラブルにおいての解消方法になりますので以上手順通り解決できない場合はお手数ですがFLASHFORGE JAPANへお問い合わせするようお願い致します。)

6CCAE8C2F9DE2B97DCFB1896FFD0E075                  6AD6ECB5A67913340788494EB625B058

 

 

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

3DプリンターCreatorProのABSとPLA出力スライサー切り替え方法

3DプリンターCreatorProのABSとPLA出力スライサー切り替え方法

3DプリンターCreatorProのABSとPLA出力スライサー切り替え方法

ブログ23g

10590616_947888295259050_8894254875764887327_n

画像をクリックして拡大

以下はスライスソフトReplicatorGの場合のGコード変換パラメーター設定になります。

①ABSでのプリントは付属のアクリルカバーを全て本体に付けておきます。(保温のため)

②スライスをする際に貼り付け画像1のReplicator slicing defaultsを選択します。(エクスルルーダー左側にセットされたターボファンが起動しません。)

③弊社の純正フィラメントABSのヘッド温度は220度 プラットフォーム設定温度は115度 PLAの場合はヘッドが210度プラットフォームが50度です。

④PLA樹脂でのプリントは画像2のReplicator 2 slicing defaultsを選択します。(エクストルーダー左側にセットされたターボファンが回転しプリント中のオブジエクトを素早く冷やします。)

⑤その他のパラメーターはとりあえずデフォルトに設定します。(画像3のLoad Replicator Defaultsを選択します。)

⑥ターボファンが回転するとオブジエクトを素早く冷やすことができますがABS樹脂でプリントする場合にターボファンを起動するとプリント中のオブジエクトがプラットフォームから剥がれやすくなったります。しかし比較的に小さいモデル(例えば奥行き2~5cm幅2~5cmほどのオブジェクト)ならABSでもターボファンを起動した方が綺麗にプリントされる場合がございます。

⑦一回目のプリントで失敗すればまずは画像4の充填率とレイヤーの数値を変えたりしてパラメーターを調整します。

 

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

 

デュアルヘッド3Dプリンターのノズル高さ調整方法について

デュアルヘッド3Dプリンターのノズル高さ調整方法について

デュアルヘッド3Dプリンターのノズル高さ調整方法について

ブログ22g

 

フラッシュフォージのFDM方式3DプリンターDreamerとCreatoroProはデュアルヘッド方式のエクストルーダーになります。

左右ヘッドの高さ調整または使わない方のヘッドを取り外すこともできます。

以下手順に従いヘッドの高さ調整を行います。

 

①まずはDreamer本体の電源を切ります。

付属の六角レンチでエクストルーダーを本体のX軸のステージから外しておきます。

79CBF36E9886B17AD9252954790D0B49

②(右ヘッドを調整する場合)

右側のモーター冷却ファンを取り外します。(画像参考)

A26918210C6B01806875BE80661C5E23

③ファンを外すと後ろ側のモーターがスライドで外れます。

DF53F10F0CC9A0874D36421F0FBC45BD

④ファンとモーターが外れるとホットエンドが固定されてるアルミ製板に六角ネジが確認できます。

58B25709B9DCF160859CF36DC692AEF9

⑤付属の六角レンチでネジを緩めます。

40A2DD6F30F2BF00DCFE23DD6BC3D6FA

⑥スパナを使って右ノズルを少しづつ左右に回転すると上下に移動できるようになりヘッドの高さが調整できようになります。

4EAC6E9918D5DB1CCF5129A1E82F3782

http://www.flashforge.co.jp

FLASHFROGE JAPAN

Dreamerフィラメント引き込み&押し出しについて

Dreamerフィラメント引き込み&押し出しについて

Dreamerフィラメント引き込み&押し出しについて

ブログ16g 3Dプリンタードリーマーのエクストレーダーについてですが、CreatorProでも同じ手順でフィラメント交換する際のトラブルが解決できます。

 

問題①:フィラメント交換する際にエクストルーダーから樹脂がうまく押し出されない

解決方法:Dreamerの電源を入力して、タッチパネルのツールから左上の樹脂交換をタッチ選択します。通常は(右ヘッドの場合)右ヘッド取り出しを選択するとセットされてるフィラメントがエクストルーダーより押し出されるはずですが、230度まで温度が上がってもガッガッガッと音だけなって、樹脂が出ない時があります。その場合は右フィラメント引き込みを選択した、逆に樹脂をヘッドから出力される状態に戻して、フィラメント引き込み作業中にエクストルーダー右ヘッド側のレバーを押しながら、上(樹脂の入口)からフィラメントを掴んで引っ張り出してください。

5D094505901362E21A57207062BAD94B2C2942F18F513D104F776D98DA6D6254C6CB955155DD4DE44025E13892C1E2A7D199F14410AC8D89D865DC531546ABCF

 

問題②:フィラメント引き込み作業中にガッガッガッと音がなっていて、樹脂がうまく引き込まれない

解決方法:Dreamerの電源を入れて、タッチパネル真ん中の加熱準備を選択します。それから、右ヘッドデフォルト設定温度230度を指でタッチして、温度を250度に変更して、OKをクリックして終了。その後はツールから左上の樹脂交換をクリックして、(右ヘッドの場合)右ヘッド引き込みを選択して、温度が250度に到達して、エクストルーダーが引き込み作業中に、指で樹脂の入口側のフィラメントを掴んで、少々力を入れて、エクストルーダーの中へ押し入れます。

5D094505901362E21A57207062BAD94BF1513BBD5BCD42FEE064554A62E9F9208D6810E90E03BBF997180BBF06B23F862C2942F18F513D104F776D98DA6D6254C6CB955155DD4DE44025E13892C1E2A7D511412DC12E86F10D3D15A9A4A9F48A

(以上解決方法はヘッド詰まり、ギアでの樹脂絡みなどトラブルを除きます)

Syuumei;)

FLASHFORGE JAPAN