DLP

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&セットアップ

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&セットアップ

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&3Dプリンター本体セットアップ

ブログ18g

 

1.光造形3DプリンターExplererを購入された場合は箱二つで商品をお届けさせて頂きます。

木製箱には光造形3Dプリンター本体が入っており、段ボール箱には部品および、カバー、ケーブルなどが入っております。

75A40DE7FFE745E44D33CA7585B065D7

2.まずは段ボール箱を開けて、中に入ってるものを清潔なデスクに置きます。

F38A0F59CECC46362A7586F9FCDF1F0A

3.上部の発泡スチロールを取り除くと、レジンボトル一本(別途購入)、レジントレイ、プラットフォーム、本体電源ケーブル、スイッチ付きコンセントアダプタ、モニタ用DVIケーブル、が入っております。

AD70DCC47850616421B3AF665A49039D

4.その下にはExplorer本体のZ軸、トレイのスクレバー、その他の部品などが入っております。

BFE4BACF56E75068086F2CD303743172

5.Z軸真ん中のモーター回転ネジを時計回りに回しながら、プラットフォームの固定台がZ軸のリミットセンサーを通り抜けまで回します。

459BE0FC371DCD6CCB8321BDE6DDF08B

6.木製箱を開け、3DプリンターExplorerの本体を取出します。

04CAA7B18A3C777198DD71F392C0E311

7.プラットフォーム固定台を手前にZ軸をExplorer本体の上にセットして、一番長い六角ネジを奥側、二番目に長い六角ネジを手前側にセットし、六角レンチでZ軸を固定します。

DADE187B0D17CFE25505153B1D7245F5   407A300874A7CD48E0D9213CD092E0E6

8.Z軸が固定できてから、Z軸モーターのコネクタとZ軸のリミットセンサーをセットします。

0C3D700A7198C7D80C44EA5158BFCE8B  255FB01985281801CAAFDB79B471C18B

9.四本のソケット式六角ネジを用意し、本体レッドカラーのトレイ台座の上にセットします。

EB9CBEAAEFF157412C13825C2CDB6C3E  E65891279809E9CE0CCCCD640E1DCC06

10.最も短い六角ネジでスクレバーを固定する金具とスプリングをExplorer本体上に固定します。

FD11C3AEE29F65E75442BFE3AD5A180421F7243BF0D0008FCC1101C468424ABE

11.四本の黒いネジで、シリコン幅が広い側を右向けにトレイを滑り台に固定します。

C73C1F4742F60D4023C45DA8A5B7D823  FF70E45A22295343EA0AF7F3591FAE16

12.レッドカラーのプラットフォームに付いてるネジ4本を緩めてからZ軸に固定しておきます。

A1E7D3BDA09924A38D008E042B3C3D8B  8B63DA6664824D36CFD8B7182026ABAF

 

13.キーボードをExplorer本体左側につなげます。

F636145658827E938848ABB121CD2BC3

14.付属DVIケーブルでモニターとExplorerをつなげます。

E7C6040F26DBFD6F9D5A061C5EE123CF

15.事前に用意したマウスとUSBメモリを本体につなげます。(インタネットケーブルをExplorer本体につなげると新しいソフトがリリースされた場合はアップグレードメッセージが確認できるようになります。)

7947FDB5AC9B05E1BFC5010E756AB279  6FA0EDD60455F376FAA7FB3891AEA252

16.電源ケーブルをExplorer本体裏側にセットします。

BFDC7ADB4868E858F8117E95698C01B2

17.3DプリンターExplorer本体電源をオンにして、Explorer本体正面スイッチを押して、3Dプリンター本体とモニターを起動します。

03B1F9236FD2F7B99324F341BE3CF0F4  5CC0F8991502E1442E268B416E89F090  F951A780B5846E6C0259D7A4CEB07D76

18.しばらく経つとモニターが起動され、デスクトップにExplorer専用スライスソフト(FlashDLPrint)が確認できます。

4D82C2A16A711D4A706756299C75EB59

19.ソフトFlashDLPrintをワンクリックすると、ソフトが立ち上がって、3DプリンターExplorer本体と自動的に接続されます。(接続されてない場合はメニューなら改めて接続を実行してください。)プラットフォームの水平だし、または実際のプリントテストは製品情報ページのExplorerマニュアルをダウンロードしてご参考下さい。

C1F46C64C3FD6962BCFF0E262F393CEB

20.【光造形3Dプリンターのソフトウェア&本体ファームウェアはFLASHFORGE JAPANより定期的に提供させて頂きいております。今後のリリースに関しては製品公式ホームページの製品ページまたはサポートよりご確認ください。】

 

 

 

Syuumei:)

FLASHFORGE JAPAN

第18回【関西】設計・製造ソリューション展に出展致します。

11836758_892481317466415_7755326780203067971_n

10月7日.8日.9日は第18回【関西】設計・製造ソリューション展に出展致します。
総称:関西モノづくりワールド(DMS)
主催者:リードエグジビション株式会社
会場:インテックス大阪
出展位:ラピッドプロトタイピングゾーン、小間位置はただ今準備中でございます。

朴秀明

FLASHFORGE JAPAN

 

光造型3DプリンターExplorerエクスプローラーリリース!

光造型3DプリンターExplorerエクスプローラーリリース!

光造型3DプリンターExplorerエクスプローラーリリース!

ブログ17g(新商品発表までのスケジュール)

6月10日光造型3DプリンターExplorer展示用の試作機が事務所へ届きました。

ダンボール箱一つと、木製箱一つDB044A1CEF20B2C24A5660C9970C8809

 

木製箱の中には光造型3Dプリンター本体が入っており、

ダンボール箱にはそれの付属品が入っていました。

付属品リスト:オレンジ色カバ×1、Z軸プラットフォーム×1、レジントレイ×1、スクレーパー×1、DVIケーブル×1、電源ケーブル×1、それぞれの部品を取り付けるネジ&ナットと六角レンチ。

以上ものが基本付属品となります。用意する必要があるのは、映像モニター、キーボード、マウスと最新ソフトをキャッチするためのインターネット配線。

セット完了画像1D227AD5DEED0D0F05CD2FBEF0FA2CF4

6月13日製品の撮影F389DF857F4450D20545BB1BB0EE9212

7月7日製品マニュアル作成aa

7月8日日本語ソフト翻訳編集3A4D2F222553F34670D60992ECAFE382

7月9日製品ページ製作05ECA89B219125D691F2A85DC37D3EFC

7月10日動画撮影キャプチャ

7月11日プロモーションムービー製作6F2301F7DBC04BD1CB00205CE34F4FB1

7月24日に日本向けにリリースslider-02

 

Syuumei;)

FLASHFORGE JAPAN

FLASHFORGE光造型3Dプリンターいよいよ今月末に発表!

キャプチャ

現在、FLASHFORGE JAPANで取り扱ってる3DプリンターはFDM型(熱溶解積層方式)となっておりますが、いよいよ、今月末(2015年7月)に光造形の3Dプリンターを日本でリリースさせて頂きます。

FLASHFORGE社光造形機の製品メリット

①デスクトップ型なので、本体の持ち運びが便利で扱い易い。

②業務用SLAなどと比べたら、商品単価が安い。

③Linuxシステムが内蔵された画期的な光造形方式の3Dプリンタです。(他にPCは必要ありません)専用ソフトも当然本体に埋め込まれており、インターネットと接続することによって、定期的に新しいソフトウェア&ファームウェアが入手できます。

 

朴 秀明(XiuMing Piao)

FLASHFORGE JAPAN

3Dプリンターの種類とFLASHFORGEの光造型機について

3Dプリンターの種類とFLASHFORGEの光造型機について

3Dプリンターの種類とFLASHFORGEの光造型機について

ブログ15g

 

3Dプリンターには主に6種類の造形方式がございます。

 

熱溶解積層法:

(通称FDM型3Dプリンター)現在5~50万円帯の低価格パーソナル3Dプリンターですが、業務用としての数百万円のものもございます。成型原理として、溶かしたリール状の樹脂を一層づつ積み重ねて、立体模型を作り上げます。主にシングルヘッド出力とデュアルヘッド出力があり、デュアルヘッドのメリットとして、一度に2色のプリントができたり、異なる材質の樹脂でオブジェクトのサポートが可能になります。また、加熱式プラットフォーム(造型台)の場合はABS、PLA、PVA、HIPSなど様々なフィラメントが利用できます。ちなみにFLASHFORGEの3Dプリンターはすべてデュアルヘッド方式であることと、プラットフォームも加熱できるタイプとなっております。

ドリル表紙(計算)2

 

光造形方式:

(通称SLA型3Dプリンター)数十万円、数百万円、数千万円、価格は色々です。素材としては主にレジンになりますが、最近はゴム、シリコンなど色々な素材が増えてきています。成型原理は液体のレジン(紫外線硬化樹脂)にUVレーザー(紫外線)をあてて一層一層、固めながら積層する方式になります。このような造形方式は樹脂を溶かすFDM型と違って、液体状のレジンを固めるだけなので、熱による変形または、積層の段差が目立たないため、割と透明に近いオブジェクトが出力できます。積層するレイヤもFDMの100ミクロンに対して四部の一にあたる25ミクロン(またはそれ以上)で積層が可能になっております。高精度の造型は実現できておりますが、最近のパーソナルタイプのほとんどが、吊り上げるプラットフォームになるため、造型エリアが狭いのと、レジンの単価がまだまだ高いので、利用範囲が限られています。業務用光造型機はプラットフォームを吊り下げるタイプが多いです。液体樹脂のタンクを吊り下げ、レーザーを上から照射するため、本体も業務用冷蔵冷凍庫くらいの大きさとなります。あまりにも大きいため、ほとんどが産業廃棄物として処分されるようになっております。

binder_im2 92DD8FE382B08EAE

 

粉末造形方式:

(通称SLS型3Dプリンター&石膏パウダー)粉末状石膏をノリでくっ付ける積層方式です。(インクジェット積層方式ともいわれます。)素材として使われる石膏パウダーの色がホワイトであるため、着色が可能なので、カラフルーな造形ができます。デメリットとして、透明なオブジェクトがプリントできず、また石膏であるため強度が足りないのと、実用性が少ないためメーカーも限られており、本体価格も百万円を超えております。最近は、自分フィギュアなどでリアルな造型サービスでよう使われるようになってきています。粉末造形方式にはもう一つの方式があります。それはレーザーと粉末状樹脂を組み合わせたものです。素材が樹脂パウダーになりため、このような造形にはノリの代わりにレーザー照射で粉末状樹脂を焼き付けます。樹脂だから強度があるものの、熱による分子変形がおきるため単色プリントのみ対応しております。

binder_im2 structure_01

 

インクジェット積層方式:(光造形法に分類されます)

カラフルな(紫外線硬化レジン)インクをノズルから噴射しUVライト(紫外線)で瞬間に固め、下から上方向へ塗り重ねていく方式です。主に医療分野(臓器模型、人体模型)などで使われる高価な3Dプリンターとして知られ、アメリカの大手ストラタシス社と合併したイスラエルの3DプリンターメーカーObjet社の所有ブランドとなります。透明物体の出力ができますが、装置本体も大きいため、一般向けには普及しておりません。販売価格は数百万からとなります。

38507fe45b57b7fd099803a53e5e4834

 

フィルム式3Dプリンター:

何十から何千枚のクリアフィルムを三次元図案を元に、一枚づつ形状を2D図面をカットして、ノリでくっ付ける方式です。特許または実用性と素材がとても高価であるため、普及せず、提供してもらえるメーターも少ないです。

 

ペッパー式3Dプリンター:

こちらの3Dプリンターの素材は紙です。(普通のA4サイズ紙)カラフルなインクを紙に塗装しながらノリでカットされた紙を一枚一枚くっ付ける方式になります。積層方式はフィルム式3Dプリンターに似たようなものですが、素材が紙なので透明オブジェクトはプリントができなく、造型物は強度が足りないのと、サポート材など後作業が難しいです。その代わりオブジェクトに限りながら、非常にリアルなものがプリントできます。

 

現在、FLASHFORGE JAPANで取り扱ってる3DプリンターはFDM型(熱溶解積層方式)となっておりますが、いよいよ、今月末(2015年7月)に光造形の3Dプリンターを日本でリリースさせて頂きます。

FLASHFORGE社光造形機の製品メリット

①デスクトップ型なので、本体の持ち運びが便利で扱い易い。

②業務用SLAなどと比べたら、商品単価が安い。

③Linuxシステムが内蔵された画期的な光造形方式の3Dプリンタです。(他にPCは必要ありません)専用ソフトも当然本体に埋め込まれており、インターネットと接続することによって、定期的に新しいソフトウェア&ファームウェアが入手できます。

 

朴 秀明(XiuMing Piao)

FLASHFORGE JAPAN