3DPrinter

第1回「3D PRINT CONTEST」の開催について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-14-13_20_55%ef%bc%89

クリエイターの挑戦をサポートしたいという想いから誕生したシゴトバLAB(ラボ)と協力し、いまあらゆる分野で注目されている3Dプリンターやレザーカッターを使用したモノづくりをより多くの方に楽しんでいただくために、第1回「3D PRINT CONTEST」を開催いたします。

カテゴリーは「フィギュア」「模型」「アクセサリー」「アイデア雑貨」「レーザー彫刻機」の5部門に分かれています。
応募期間は2016年10月14日〜12月16日。

基本的にデータと説明書による応募となり、その内容による審査となります。

データの完成度や、発想の面白さ等を基本に審査させて頂き、結果発表/授賞式は2017年1月15日(日)、会場はシゴトバBASE北堀江にて行います。

最優秀賞に輝かれた方には、3Dプリンター、フラッシュフォージ Finder(ファインダー)をプレゼントさせて頂きます。

イベント詳細 http://shigotoba-base.com/event/288/

尚、各部門の上位3名様には、無償にて3Dプリント、又はレーザー加工を行い、賞品とさせて頂きます。

また、応募された方には、ご希望があれば安価で出力を承ります。

応募資格は特に制限は設けておりませんが、授賞式にシゴトバBASEに来られる方とさせて頂きます。

応募に関しての詳細は、下記のチラシをお読みください。
3Dprintcontest3

応募用紙も下記からご覧頂けます。
3D PRINT CONTEST(Vol,1) 応募用紙 作品仕様およびデータ作成時の注意点
3D PRINT CONTEST2

応募先メールアドレス
3dcontest@shigotoba-lab.com

それでは、皆様からのご応募をお待ちしております!

【審査員】
・織田 隆治|FULL DIMENSIONS STUDIO 代表 ( 全般 )
・是枝 靖久|reeddesign( 全般 )
・大上 竹彦|GEAR DESIGN 代表 ( フィギュア部門 )
・小林 康之|pawretta( フィギュア / 模型部門 )
・らいだ~Joe|モデラー ( 模型部門 )
・コバヤシタカシ|Creator’s lab「CREA/Me」代表 ( アクセサリー部門 )
・下岡 英司|Next Product 代表 ( アイデア雑貨部門 )
・南 大成|HIROMINAMI.DESIGN( アイデア雑貨部門 )

【協賛】
Apple Tree株式会社 FLASHFORGE JAPAN
武藤工業株式会社
株式会社システムクリエイト
株式会社元林
シゴトバ BASE
【協力】
筑波大学 情報学群 組み込み技術キャンパス OJT
FULL DIMENSIONS STUDIO

 

弊社エンドユーザー様のブログページ集をご紹介致します

FLASHFORGEフラッシュフォージパーソナル3Dプリンター

エンドユーザー様のブログページのリンクです。

導入前または導入済みの方でも大変ご参考になれると思います。

 

タイトル:FLASHFORGE 3Dプリンター検証テスト

http://3d-printer.marketing-be.com/archives/6214

 

タイトル:F1チャンネル

http://f1channel.blog.fc2.com/blog-category-13.html

 

タイトル:ブログだいちゃん

http://www.love-hokuto.com/?p=5764

 

タイトル:脱サラはじめました

http://poli-studio.com/2016/07/28/3510/

 

タイトル:Blenderで建物作ってみる会

http://buildinginblender.blogspot.jp/2016/01/tipsflashprint_10.html

 

タイトル:Review log

http://hikaku-choice.com/?p=4250

 

タイトル:工作と小物のがらくた部屋

http://junkroom2cyberrobotics.blogspot.jp/2014_07_01_archive.html

 

タイトル:コーボックス

http://www.co-box.info/970

 

タイトル:離島プログラマの雑記

http://ag.hatenablog.com/entry/2016/03/18/005349

 

タイトル:チワワワークスプロジエクト

http://chihuahua-works.hatenablog.jp/entry/2015/08/29/3D%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%8CDreamer%E3%80%8D%E3%81%A7%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AB%E5%87%BA%E5%8A%9B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B

 

タイトル:うっきーのヤスリがけ日記

http://yasurigake.com/flashforge-dreamer/

 

タイトル:NEOノマド家族

http://neonomadfamily.com/3d-printer/post-2480/2480/

 

タイトル:3Dを描こう

http://zbrushcore.club/2016/11/3dprint/

 

タイトル:ひがないちにち

http://hgns.hateblo.jp/entry/2016/09/21/211239

 

タイトル:FLASHFORGE JAPANのブログ

http://flashforge.co.jp/blog/

日本橋電子部品専門店‪シリコンハウスで3Dプリンタ販売開始

日本橋電子部品専門店 ‪#‎シリコンハウス‬ でフラッシュフォージ3Dプリンター全機種販売スタート!
3Dプリンター展示品は売場2階にあります
即〜お持ち帰りできますよ!

www.flashforge.co.jp
FLASHFORGE JAPAN

27AD410D7FD912F7CC93E399B1EF2693118C83A5A5D10DB5BE5453CB878EF7E3朴秀明28774DFE93B4C9B7E9C04F2905F5C04D

 

小中学生のためのデジタルものづくりフェスタ2016に協力

株式会社ワオ・コーポレーション様 主催の、「小中学生のためのデジタルものづくりフェスタ2016」に協力いたします。
小中学生向けの話題のSTEM・プログラミング教育教材が大阪に大集合!入場無料となっておりますので、お気軽にご来場ください。

小中学生のためのデジタルものづくりフェスタ2016
対象:小学1年生~中学3年生
入場:無料(一部ワークショップ参加や教材購入は有料)

2016年7月16日(土)~18日(月・祝)
10:30~18:00(開場 10:00)

ロボットプログラミング教室WAO!LAB(ワオラボ)
大阪市北区天神橋3-2-10 新日本南森町ビル9階
大阪市営地下鉄 谷町線・堺筋線 南森町駅 5・6号出口から徒歩1分

FLASHFORGE JAPAN

3F6AF12B5D8A7C785A597434C3B4295ACEABA640D57F51915EE333E2D95DB81A

7月9日・10日大阪メイカーズバザールに出展致します

来週の土曜日と日曜日(7月9日&7月10日)大阪南港ATCで行われるモノづくりイベント【メイカーズバザール】に3Dプリンターを展示致します。
FLASHFORGEの全機種と弊社の新しいレーザー彫刻機を初披露致します。またバザール限定の割引制度も用意させて頂きましたのでお時間のある方はぜひ越し頂ければと思います。
イベント詳細は以下リンクをご参考ください。
http://makersbazaar.jp/

キャプチャ

ホームページリニューアルオープン&価格改定について

ホームページリニューアルオープン&価格改定

いつもFLASHFORGEの3Dプリンターをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度はホームページリニューアルオープンと同時に販売定価を調整致しましたのでご報告させて頂きます。

今後ストア内においては全て税込送料込の価格として表示致します。(部品などの一部商品は除く)

3Dプリンターの新しい価格は画像の方ご参考頂ければと思います。

今後ともぜひよろしくお願いいたします。

FLASHFORGE JAPAN <↓ 画像をクリックしてトップページに戻る>

flashforge

FLASHFORGEゴールデンウィーク期間中サポートについてのお知らせ

FLASHFORGE JAPANサポートチームより、ゴールデンウィーク期間中のサポートについてお知らせします。

お客様からのお問い合わせについては、ゴールデンウィーク期間中も休まず対応させていただきます。

しかしながら、緊急発注が必要なお問い合わせにつきましては、ゴールデンウィーク期間終了後の回答となる可能性がございます。
該当のお問い合わせは、5月9日以降、順次回答を行います。
通常よりお時間を頂戴し、ご迷惑をお掛けいたしますが予めご承知おきください。

今後ともFLASHFORGE 3Dプリンターを宜しくお願い致します。

東京iJet様より3Dプリンター展示ショールームオープン!

東京港区にある株式会社アイジェット様の展示ショールームにてFLASHFORGE フラッシュフォージの3Dプリンターを展示しております。
 東京エリアでFLASHFORGE実機を確認したい方はぜひショールームへお越し頂ければと思います。
 見学のお問い合わせ:03-6435-2670
 場所:東京都港区海岸2-1-16 鈴与浜松町ビル
 ウェブサイト:http://www.ijet.co.jp

13015626_1017623058285573_2979640319701772408_n_DSC0089_DSC0088

flashforge japan事業所内装工事に伴うお休みのお知らせ

FullSizeRender
事業所内装工事に伴うお休みのお知らせ!》
ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、誠に勝手ながら弊社事業所に於きまして社内工事を行う為、本日より下記のとおりお休みさせていただきます旨お知らせ致します。
なお、商品の見積&発注、製品アフタサポートに関しましては通常通り電話またはメール・ファックスで受付しておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。
(3Dプリンター展示ショールームは3月3日より営業開始とさせて頂きます。)
事業所内装工事終了日:平成 28年3月6日(日曜日・終日)
www.flashforge.co.jp
FLASHFORGE JAPAN

3DプリンターFinderが2016年度IFデザイン賞を受賞しました。

127日ドイツで開催されたIFデザイン賞において弊社が取り扱ってる3DプリンターFinder(ファインダー)が見事に2016年度IFデザイン賞を受賞致しました。

iFデザイン賞(iF design award)はデザイン界におけるオスカー賞を自称し、世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つであります。ドイツを拠点とする、デザイン振興のための国際的な組織インダストリーフォーラムデザインハノーファーが1953年から主催し、毎年全世界の工業製品等を対象に優れたデザインを選定します。名誉あるIF賞は、 世界中から集まった数多くの作品の中から審査員の厳しい目にとまった「外見だけに留まらない高品質のデザインを備えた製品」にのみ贈られます。

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

キャプチャ

120140510

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

ブログ24g

 

フラッシュフォージ・ジャパン 2015年後半新発売商品3DプリンターGuiderとFinderのエクストルーダーメンテナンス&ヘッド目詰まり解消方法についてです。

画像を参考しながら目詰まりを解決しましょう。

 

①作業前は必ず3dプリンターの電源をオフにしましょう。

BDAD9937F87CDB107511E18803404860

②付属の六角レンチでエクストルーダー上部カバーのネジ二本を外します。

B25DE67F79E9803C4B5E050DAA47F062

③プラスドライバで手前のプラスネジを外します。

5744A6B8904E9869AB58262C4B92EA1D

④三本のネジを外すとエクストルーダーカバーの取り外しが可能になります。

C284C7EF60517C0AC1F971639F25B7B7

⑤水平だし用サーボセンサーが固定されたプラスネジ三本を外してセンサーのコネクタを基盤から外します。

A24A5329C0E3E82F342B22D18CA01839   CBCC1ADE57B0D6D4F8BBFDCFFE7E8411

⑥モーターのコネクターとターボファンのコネクターを外します。

D81380EAB21C26BF25A31AF65C524B18

⑦基盤からリボン配線を外します。

105F98DDAA8487F9C3554102C9D32FCB

⑧3本の六角ネジを取出して基盤を左側に避けさせておきます。(ホットエンドと熱電対のコネクタだけは外さずに残しておきます。)

FD72BB8CC89A7FCC775F363BA3F1DA46

⑨フィラメント引込用モーターの六角ネジ二本を外しすとモーターが取れます。

0ADA8A5829A715BAC4F2A945BEB4AE63

⑩モーターのギア(赤い丸)にフィラメントの粉末が付いてる場合はブラシで掃除します。

B8E538E4900538FC4E321BD3D7747C60

⑪再びモータとターボンファンのコネクタを基盤に付けておきます。

11D4DA781DB7C79C066D7084C1266A15

⑫フラッシュフォージのノズル径は0.4mmなので0.3mmのドリルを使用します。

(ドリルセットは市販で入手できます。アマゾン、ヤフーで2000円未満で購入できます。3Dプリンター ヘッドまたはノズル/ドリルで検索してみてください。)

391BDFD6FC7FBB705EC2696ED9D5C8F2  0ADE74535810447047D1DE17328D2358

⑭引き続き本体の電源をおんにしてタッチパネルからヘッド押出し作業を実行します。

(ホットエンドが加熱し230度まで上がります。)

F21925FA92A34EDD6F61BE1D85174689

⑮ヘッド温度が230度になってから径0.3mmのドリルをヘッドの目先に挿入し、少しづつ左右に回転します。

F798BD1233680EF6AD5C29348D5AB775

⑯ドリルが5mmほど入ったら今度はフィラメントと同じくらいの針または六角レンチをホットエンド上側のフィラメントが入る穴に押入れると目詰まりを起こしたゴミがフィラメントと共にヘッドから流れ出されます。(以上方法はあくまでも通常の目詰まりトラブルにおいての解消方法になりますので以上手順通り解決できない場合はお手数ですがFLASHFORGE JAPANへお問い合わせするようお願い致します。)

6CCAE8C2F9DE2B97DCFB1896FFD0E075                  6AD6ECB5A67913340788494EB625B058

 

 

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

光造形機3DプリンターExplorer出力の流れについて

光造形機3DプリンターExplorer出力の流れについて

光造形機3DプリンターExplorer出力の流れについて。

ブログ21g

 

本日は光造形機と専用スライスソフトFlashDLPrintについて紹介致します。

291C03C4061A188C503DB74BE1B2045A

まずはExplorerの電源を入れます。

3C80F923557CACE93DA6AD5756FE929D

電源が入るとディスプレイが起動しデスクトップにあるスライスソフトFlashDLPrintを立ち上げます。

85B182227ED9AB16A017D73ECABF523E

事前に準備したSTLファイルが入ってるUSBメモリを3DプリンターExplorer左側のポートにセットします。(Explorerはリナックスシステムが内蔵されてるPC一体型3Dプリンターです。)

01A04AB006A585A7F196818653B41AC4            DED3FA6E3083786D6DF52F3FE737070A

FlashDLPrintの使い方はFDM専用スライスソフトFlashPrintと似てます。ソフト自体も日本語になっております。それではモデルをロードします。モデルがプリントエリアを超えてる場合は左のアイコンスケールアイコンをクリックしてプリントエリアに合わせてから更に移動アイコンからモデルをプラットフォームにセットします。

33C6E27923894D1F9291C2A5DAF5AAB7  02D64D9C870792551725531DFF642B15

サポート材が必要な場合はサポートアイコンをクリックして手動/自動でオブジエクトにサポート材を加えます。

D07CF73F58D6ECCEB732B60AA7EB25BB     C0728D3D95160C0469400EE7F4739A85

ファンデーション:レジンでできた基盤です(FDMではラフトといいます。)

サポート材簡単にプラットフォームから取れないような作用です。

形状:ファンデーションの形または厚さです。アクセサリ系のモデルはCone50で結構です。

フィギュアとかになりますとCube型が良いと思います。

(どのファンデーションでも厚さは0.3mmがベース)

範囲:ファンデーションのサイズです。(なるべくモデルより大きめに設定しましょう。

サポートタイプ:自動サポートの後にサポート材を追加したり削除したりできます。

サポートのパラメーター:形状、太さ、量、ファンデーションから浮き上がる具合などが変種できます。(ラフトとモデル間にサポートが必要ない場合は持ち上げ率を0mmに設定します。)

 

それでは、モデルのスライス作業に進みましょう。

(ただ今よりプリントするDNAモデルは特にサポートが必要ないです。)

一番上のアイコンスライスをクリックします。(名前を付けて保存します。)

スライスが終わったらスライス完了のメッセージが出ます。OKをクリックして終了。

78BC0A737A1ADD5E97FBBB05CB1A778B

プリントアイコンから先ほどのスライスしたモデルを選択してOKをクリックするとプリント設定画面に切り替えます。(ここでレジンを選択しますがFLASHFORGE専用レジンならパラメーターの設定が決まっておりますのでそのまま下のガイドラインに従って作業を続けましょう。

0013BE5B2AE661682167DB53182C20C1  D0D8D1B501F5E2B607575198376F435B

ステップ1にチェック USBポートの確認

ステップ2にチェック レジントレイとプラットフォームをセット。

ステップ3にチェック入れるとZ軸がプリント位置に移動し待機します。

E9C76B035688D1F149D70EF7960C3244

ステップ4にチェック レジンをプラットフォーム底面に付くまでレジントレイにレジンを注ぎます。

DDE434AC3926DAAE22B8C55948EFF58F

ステップ5にチェック スクレバーをレジントレイにセットしオレンジ色のカバーを本体に取り付けます。

1F8F6D0814BB2A6975A2AD2E1246CB18

右下側のプリントをクリックすると(プロジエクターがオンになってることを確認して管っさいとメッセージがでます。60秒後にOKをクリックしてプリントを開始します。

304474ED686EA455D673A5C3F313569C

プリント始まるとレジントレイが左右にスライドし、DLPの明るいライト照射が確認できます。(ソフトの右下側にはプリント予測終了時間とプリントレイヤ数と現在のプリントレイヤ数が表示されます。

プリント具合を確認するために一時停止も可能になっております。

(ブジエクトがプラットフォームにちゃんと付いてるかを確認するためです。)

1E7FCD1B6155B1F64228FB37AA1ED17B   D09DBE88D3B934B6C5088EBBACC6D510

プリントが完了するとExplorer本体のオレンジカバーを外してプラットフォーム固定ネジを緩めプラットフォームを取り外します。(今回のプリントは約1時間22分)

0BE698CAEA52288772F92C96414FB8C0

カッターナイフでオブジエクトをプラットフォームから切り取ります。(安全の為、作業グラス(メガネ)とビニル手袋を付けましょう。

09DBCA88AC98DD8083A888456A29E9C7

紙ペーパーで取出したオブジエクトの表面に付いてるレジンを綺麗に拭き取ってからアルコールの液体にしばらく付けておいたから(10分~30分)取出します。

食器用洗剤でも綺麗に取れる場合がございます。(レジン成分によりますが、、、)

 FEBA34D791EEAFCC1265A270CB9CED0D   723C365CE4229F4FF58429743F42738B

 

これで光造形機のプリントテストはここまとなります。

E555FF76152E6A1F82B00DEF974591C0

高さ10mm/DNAモデルプリント完了。

光造形機の製品ページへリンク:http://flashforge.co.jp/explorer/

 

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

3DプリンターDreamerプリンティングについて

3DプリンターDreamerプリンティングについて

ブログ3g

3DプリンターDreamer(ドリーマー)シングルヘッドプリンティングについて

 

機種:3DプリンターDreamer(ドリーマー)

専用ソフト:FlashPint(フラッシュプリント)

実際のプリントまでの流れについて(基礎編)

 

最初にFlashPrintをお使いのパソコンへインストールします。

付属のSDカードの中にFlashPrintの圧縮ファイルがございますので、解凍後にインストールしましょう。

または、FLASHFORGE JAPANのホームページよりダウンロードできます。

ダウンロードURL:http://flashforge.co.jp/support/#downld

キャプチャ3333

 

①3Dデータの配置

ソフトFlashPrintを立ち上げます。

まずは、事前に用意された3Dデーターをソフト上にロードします。(ソフト真ん中のアイコン【ロード】をクリックし、ファイルを選択します。

ロードされたデーターが画像のように小さすぎて見えない場合もございます。

キャプチャfdss

この時は、マウスで一度模型をクリックして、左側のアイコン【スケール】から欲しい大きさまで拡大できます。

キャプチャ2

 

②拡大後は、モデルの印刷方向を変えます。

(方向を変える理由としては、より綺麗に印刷できるように、または、サポート材を減らすためでもあります。)

アイコン【回転】から向きを変えます。

キャプチャ4

モデルの向きを変えたら、【回転】上のアイコン【移動】から、プラットフォームの上にセットします。

3

以上作業で、スライスの準備ができました。

 

③単色プリント

プリント使われるヘッドを選択します。(設定を変えない限りは右ヘッドがベースとなっております。)

左を選択したい場合は、マウスでモデルを一度クリックした後に左側アイコン【ヘッド】から左右ヘッドが選択頂けます。

左ヘッドを選択された場合はモデルが、ホワイトから薄い青色に変色します。

リセットを押すと元のホワイトカラーになり、右ヘッドプリントに戻ります。

キャプチャ12

以上設定で、ヘッドの選択が終了します。

 

④次は3DプリンターDreamerが読み取れるファイル形式Gコードに変換します。(つまりスライス作業です。)

アイコン【スライス】をクリックすると新しいウィンドウが表示されます。

キャプチャ32

ここで、スライスに必要なパラメーターの設定が行えます。

まずはスライスエンジンを選択します。シングルプリントの場合はffslicerがお勧めです。

キャプチャ43

(ffslicerは三種類のスライサの中でも、最もスライスのスピードが速いからです)

(なお、サポート材が必要ないモデルを基準として本スライサーを選択します。)

(スライサを選択した後は、樹脂の種類とサポートが必要かないかを判断して、最後はラフトにチェックを入れます。(例のモデルはサポート材が必要ありません。サポート材の編集に関しては後日改めて説明させて頂きます。)

(ラフトとは、モデルの下にプリントされる、厚さ約0.5mmの樹脂板です。樹脂の反りを防ぐためにラフトをつけておきます。シングルヘッドプリントなので、ラフトも右ヘッドを選択しましょう)

321

それ以外の設定は特に変える必要がなく、最後にその他のオプションから温度だけを、プラットフォーム60度に変更しましょう(ABSプラットフォーム設定温度:115度、PLAプラットフォーム設定温度:60度)

最後は、OKをクリックして、スライスをスタートします。

332

これで、3DプリンターDreamer(ドリーマー)が読み込めるファイル形式Gコードの準備が完了しました。)

次回は二色プリンティングに関して書いていきます。

よろしくお願い致します。

 

Syuumei:)

FLASHFORGE JAPAN