3Dプリンターメーカー

年末年始に伴う商品出荷&アフタサポートについて

お客様 各位

Apple Tree 株式会社3Dプリンター事業部FLASHFORGE JAPANです。

平素はフラッシュフォージの製品を愛用頂き、厚くお礼を申し上げます。

下記の日程で年末年始に伴う商品発送&電話メールサポートについてご連絡させて頂きます。

①出荷停止日:平成28年12月31日(土曜日)から平成29年1月4日まで。

12月30日のお昼12時までの受注が当日出荷となりますのでご注意ください。

出荷開始日は平成29年1月5日とさせて頂きます。(一部ECサイトは除く)

②アフタサポートは年中無休となっておりますので正月中のお問い合わせも通常通り受け付けしておりますので以下メールアドレスまでお問い合わせください。

メール:info@flashforge co.jp

今後ともぜひよろしくお願いいたします。

 

2016年12月22日

Apple Tree 株式会社/3Dプリンター事業部/FLASHFORGE JAPAN

FLASHFORGEの各種お問い合わせと連絡先について

【購入前の相談】

問い合わせメールアドレス:info@flashforge.co.jp

電話番号:0120-393-595

 

【企業&学校法人】

見積依頼&発注書FAX番号:06-6575-9907

FAXの内容に関するお問い合わせ電話番号:06-6710-9761

 

【購入後のアフターサポート】

問い合わせメールアドレス:support@flashforge.co.jp

電話番号:06-6710-9061

 

2016年11月11日

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

第1回「3D PRINT CONTEST」の開催について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-14-13_20_55%ef%bc%89

クリエイターの挑戦をサポートしたいという想いから誕生したシゴトバLAB(ラボ)と協力し、いまあらゆる分野で注目されている3Dプリンターやレザーカッターを使用したモノづくりをより多くの方に楽しんでいただくために、第1回「3D PRINT CONTEST」を開催いたします。

カテゴリーは「フィギュア」「模型」「アクセサリー」「アイデア雑貨」「レーザー彫刻機」の5部門に分かれています。
応募期間は2016年10月14日〜12月16日。

基本的にデータと説明書による応募となり、その内容による審査となります。

データの完成度や、発想の面白さ等を基本に審査させて頂き、結果発表/授賞式は2017年1月15日(日)、会場はシゴトバBASE北堀江にて行います。

最優秀賞に輝かれた方には、3Dプリンター、フラッシュフォージ Finder(ファインダー)をプレゼントさせて頂きます。

イベント詳細 http://shigotoba-base.com/event/288/

尚、各部門の上位3名様には、無償にて3Dプリント、又はレーザー加工を行い、賞品とさせて頂きます。

また、応募された方には、ご希望があれば安価で出力を承ります。

応募資格は特に制限は設けておりませんが、授賞式にシゴトバBASEに来られる方とさせて頂きます。

応募に関しての詳細は、下記のチラシをお読みください。
3Dprintcontest3

応募用紙も下記からご覧頂けます。
3D PRINT CONTEST(Vol,1) 応募用紙 作品仕様およびデータ作成時の注意点
3D PRINT CONTEST2

応募先メールアドレス
3dcontest@shigotoba-lab.com

それでは、皆様からのご応募をお待ちしております!

【審査員】
・織田 隆治|FULL DIMENSIONS STUDIO 代表 ( 全般 )
・是枝 靖久|reeddesign( 全般 )
・大上 竹彦|GEAR DESIGN 代表 ( フィギュア部門 )
・小林 康之|pawretta( フィギュア / 模型部門 )
・らいだ~Joe|モデラー ( 模型部門 )
・コバヤシタカシ|Creator’s lab「CREA/Me」代表 ( アクセサリー部門 )
・下岡 英司|Next Product 代表 ( アイデア雑貨部門 )
・南 大成|HIROMINAMI.DESIGN( アイデア雑貨部門 )

【協賛】
Apple Tree株式会社 FLASHFORGE JAPAN
武藤工業株式会社
株式会社システムクリエイト
株式会社元林
シゴトバ BASE
【協力】
筑波大学 情報学群 組み込み技術キャンパス OJT
FULL DIMENSIONS STUDIO

 

弊社エンドユーザー様のブログページ集をご紹介致します

FLASHFORGEフラッシュフォージパーソナル3Dプリンター

エンドユーザー様のブログページのリンクです。

導入前または導入済みの方でも大変ご参考になれると思います。

 

タイトル:FLASHFORGE 3Dプリンター検証テスト

http://3d-printer.marketing-be.com/archives/6214

 

タイトル:F1チャンネル

http://f1channel.blog.fc2.com/blog-category-13.html

 

タイトル:ブログだいちゃん

http://www.love-hokuto.com/?p=5764

 

タイトル:脱サラはじめました

http://poli-studio.com/2016/07/28/3510/

 

タイトル:Blenderで建物作ってみる会

http://buildinginblender.blogspot.jp/2016/01/tipsflashprint_10.html

 

タイトル:Review log

http://hikaku-choice.com/?p=4250

 

タイトル:工作と小物のがらくた部屋

http://junkroom2cyberrobotics.blogspot.jp/2014_07_01_archive.html

 

タイトル:コーボックス

http://www.co-box.info/970

 

タイトル:離島プログラマの雑記

http://ag.hatenablog.com/entry/2016/03/18/005349

 

タイトル:チワワワークスプロジエクト

http://chihuahua-works.hatenablog.jp/entry/2015/08/29/3D%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%8CDreamer%E3%80%8D%E3%81%A7%E5%AE%9F%E9%9A%9B%E3%81%AB%E5%87%BA%E5%8A%9B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B

 

タイトル:うっきーのヤスリがけ日記

http://yasurigake.com/flashforge-dreamer/

 

タイトル:NEOノマド家族

http://neonomadfamily.com/3d-printer/post-2480/2480/

 

タイトル:3Dを描こう

http://zbrushcore.club/2016/11/3dprint/

 

タイトル:ひがないちにち

http://hgns.hateblo.jp/entry/2016/09/21/211239

 

タイトル:FLASHFORGE JAPANのブログ

http://flashforge.co.jp/blog/

日本橋電子部品専門店‪シリコンハウスで3Dプリンタ販売開始

日本橋電子部品専門店 ‪#‎シリコンハウス‬ でフラッシュフォージ3Dプリンター全機種販売スタート!
3Dプリンター展示品は売場2階にあります
即〜お持ち帰りできますよ!

www.flashforge.co.jp
FLASHFORGE JAPAN

27AD410D7FD912F7CC93E399B1EF2693118C83A5A5D10DB5BE5453CB878EF7E3朴秀明28774DFE93B4C9B7E9C04F2905F5C04D

 

7月9日・10日大阪メイカーズバザールに出展致します

来週の土曜日と日曜日(7月9日&7月10日)大阪南港ATCで行われるモノづくりイベント【メイカーズバザール】に3Dプリンターを展示致します。
FLASHFORGEの全機種と弊社の新しいレーザー彫刻機を初披露致します。またバザール限定の割引制度も用意させて頂きましたのでお時間のある方はぜひ越し頂ければと思います。
イベント詳細は以下リンクをご参考ください。
http://makersbazaar.jp/

キャプチャ

ホームページリニューアルオープン&価格改定について

ホームページリニューアルオープン&価格改定

いつもFLASHFORGEの3Dプリンターをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

この度はホームページリニューアルオープンと同時に販売定価を調整致しましたのでご報告させて頂きます。

今後ストア内においては全て税込送料込の価格として表示致します。(部品などの一部商品は除く)

3Dプリンターの新しい価格は画像の方ご参考頂ければと思います。

今後ともぜひよろしくお願いいたします。

FLASHFORGE JAPAN <↓ 画像をクリックしてトップページに戻る>

flashforge

四国大学に3DプリンターDreamerを32台設置致しました。

四国大学生活科学科デザインコースのディスプレイデザインⅢの授業では若者に人気な液晶タブレットおよびFLASHFORGEの3DプリンターDreamerがそれぞれ32セット設置されています。

ご関心のある方は、ぜひ見学・訪問、そして大学の担当者様へ気軽に連絡してください。
場所:四国大学・芸術館〒771-1192徳島県徳島市応神町古川字戎子野123-1
URL:http://www.shikoku-u.ac.jp

キャプチャキャプチャa

フラッシュプリントは3DプリンタCreatorシリーズに対応します。

33

【FlashPrintは3DプリンターCreatorProに対応します!】
FLASHFORGE(フラッシュフォージ)3DプリンターDreamer、Finder、Guider、Explorer専用スライスソフトFlashPrint(フラッシュプリント)バージョン3.9.0リリース致しました。
FlashPrint最新バージョン3.9.0なら3DプリンターCreatorPro専用Gコードであるx3.gデーターが出力できます。
FLASHFORGE/3DプリンターCreatorProをお持ちのユーザー様も弊社ホームページよりFlashPrintをダウンロードし、枝サポート、ライン充填、モデルカット、レイヤー0.05mmスライスなどのオプションをぜひお試しください。FlashPrintがインストールされているPCをインタネットに接続し、ソフトを起動すると自動更新メッセージが表示されます。(スライス→プリンタの種類→Flashforge Creator Pro)
www.flashforge.co.jp
FLASHFORGE JAPAN

日本橋3Dプリンター展示ショールームリニューアルオープン

7F889DD676062B83EC4B1F570DB150E2A34E444ADD900ED734FEACED205A5F55 7E2738C5ACB48DC4ABB489A20B395E19

この度はFLASHFORGE JAPANフラッシュフォージ3Dプリンター展示ショールームをリニューアルオープン致しました。

場所:556-0005 大阪市浪速区日本橋4-5-9

お問い合わせ:06-6710-9061

営業日:月~土曜日(朝10時~夕方18時まで)

ショールームを見学する際はぜひホームページより見学申し込みをお願い致します。

見学申し込み専用ページリンク:http://flashforge.co.jp/tenshi/

2階にて3Dプリンター本体とフィラメントも販売しておりますので即お持帰り頂けます。

 

FLASHFORGE JAPN

flashforge japan事業所内装工事に伴うお休みのお知らせ

FullSizeRender
事業所内装工事に伴うお休みのお知らせ!》
ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、誠に勝手ながら弊社事業所に於きまして社内工事を行う為、本日より下記のとおりお休みさせていただきます旨お知らせ致します。
なお、商品の見積&発注、製品アフタサポートに関しましては通常通り電話またはメール・ファックスで受付しておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。
(3Dプリンター展示ショールームは3月3日より営業開始とさせて頂きます。)
事業所内装工事終了日:平成 28年3月6日(日曜日・終日)
www.flashforge.co.jp
FLASHFORGE JAPAN

3DプリンターFinderが2016年度IFデザイン賞を受賞しました。

127日ドイツで開催されたIFデザイン賞において弊社が取り扱ってる3DプリンターFinder(ファインダー)が見事に2016年度IFデザイン賞を受賞致しました。

iFデザイン賞(iF design award)はデザイン界におけるオスカー賞を自称し、世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つであります。ドイツを拠点とする、デザイン振興のための国際的な組織インダストリーフォーラムデザインハノーファーが1953年から主催し、毎年全世界の工業製品等を対象に優れたデザインを選定します。名誉あるIF賞は、 世界中から集まった数多くの作品の中から審査員の厳しい目にとまった「外見だけに留まらない高品質のデザインを備えた製品」にのみ贈られます。

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

キャプチャ

120140510

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

ブログ24g

 

フラッシュフォージ・ジャパン 2015年後半新発売商品3DプリンターGuiderとFinderのエクストルーダーメンテナンス&ヘッド目詰まり解消方法についてです。

画像を参考しながら目詰まりを解決しましょう。

 

①作業前は必ず3dプリンターの電源をオフにしましょう。

BDAD9937F87CDB107511E18803404860

②付属の六角レンチでエクストルーダー上部カバーのネジ二本を外します。

B25DE67F79E9803C4B5E050DAA47F062

③プラスドライバで手前のプラスネジを外します。

5744A6B8904E9869AB58262C4B92EA1D

④三本のネジを外すとエクストルーダーカバーの取り外しが可能になります。

C284C7EF60517C0AC1F971639F25B7B7

⑤水平だし用サーボセンサーが固定されたプラスネジ三本を外してセンサーのコネクタを基盤から外します。

A24A5329C0E3E82F342B22D18CA01839   CBCC1ADE57B0D6D4F8BBFDCFFE7E8411

⑥モーターのコネクターとターボファンのコネクターを外します。

D81380EAB21C26BF25A31AF65C524B18

⑦基盤からリボン配線を外します。

105F98DDAA8487F9C3554102C9D32FCB

⑧3本の六角ネジを取出して基盤を左側に避けさせておきます。(ホットエンドと熱電対のコネクタだけは外さずに残しておきます。)

FD72BB8CC89A7FCC775F363BA3F1DA46

⑨フィラメント引込用モーターの六角ネジ二本を外しすとモーターが取れます。

0ADA8A5829A715BAC4F2A945BEB4AE63

⑩モーターのギア(赤い丸)にフィラメントの粉末が付いてる場合はブラシで掃除します。

B8E538E4900538FC4E321BD3D7747C60

⑪再びモータとターボンファンのコネクタを基盤に付けておきます。

11D4DA781DB7C79C066D7084C1266A15

⑫フラッシュフォージのノズル径は0.4mmなので0.3mmのドリルを使用します。

(ドリルセットは市販で入手できます。アマゾン、ヤフーで2000円未満で購入できます。3Dプリンター ヘッドまたはノズル/ドリルで検索してみてください。)

391BDFD6FC7FBB705EC2696ED9D5C8F2  0ADE74535810447047D1DE17328D2358

⑭引き続き本体の電源をおんにしてタッチパネルからヘッド押出し作業を実行します。

(ホットエンドが加熱し230度まで上がります。)

F21925FA92A34EDD6F61BE1D85174689

⑮ヘッド温度が230度になってから径0.3mmのドリルをヘッドの目先に挿入し、少しづつ左右に回転します。

F798BD1233680EF6AD5C29348D5AB775

⑯ドリルが5mmほど入ったら今度はフィラメントと同じくらいの針または六角レンチをホットエンド上側のフィラメントが入る穴に押入れると目詰まりを起こしたゴミがフィラメントと共にヘッドから流れ出されます。(以上方法はあくまでも通常の目詰まりトラブルにおいての解消方法になりますので以上手順通り解決できない場合はお手数ですがFLASHFORGE JAPANへお問い合わせするようお願い致します。)

6CCAE8C2F9DE2B97DCFB1896FFD0E075                  6AD6ECB5A67913340788494EB625B058

 

 

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

ブログ20g

 

フラッシュフォージ3Dプリンター専用スライスエンジンFlashPrintの新しいバージョン3.7.0で新しいオプションとしてモデルカット機能が追加されました。

 

カット機能を覚えてより大きなオブジエクトをプリントしましょう。

モデルの通常サイズが3Dプリンターの造形エリアーを超えた場合に一つのオブジエクトを二つ、または三つに分解してプリントする場合カット機能を利用します。

複数の部分パーツに分けても前パーツを一度にプリントすることができます。

 

ではフラッシュフォージ ソフトFlashPrintを立ち上げます。

キャプチャ

 

ロードからモデルSTLファイルを選択します。

ロードされたモデルの本来の高さが300mmだとします。

造形エリアーをはるかに超えておりますので、この場合にモデルを二つにカットします。

キャプチャa

 

左のアイコンの一番下のCutを選択します。

ディレクション〈Direction〉からカットしたい軸を選択できます。

X軸が左右方向:(マウスで赤の円盤をドラックするとカットしたい場所を変換できます。)

キャプチャd

 

 

それでは、この美術品モデルならZ軸方向(上下)にカットすれば良いのでPlaneZを選択してから、カットしたい場所へマウスで円盤をドラックします。

キャプチャds

カットする位置が決まったらStartCutをクリックしてカットを実行します。

キャプチャfd

カットされた上部の部分をマウスでワンクリックして、左側アイコンの移動からすべてのオブジエクトをプラットフォームにセットします。

キャプチャfda

その後はオブジエクトの方向、プリント位置を調整してスライスからGコード変換が可能になります。

キャプチャsda

 

ソフト無料ダウンロードページへ:http://flashforge.co.jp/support/

FLASHFORGE JAPAN

フラッシュフォージ専用スライスソフトFlashPrintについて

フラッシュフォージ専用スライスソフトFlashPrintについて

フラッシュフォージ専用スライスソフトの枝サポートについて

ブログ19g

3Dプリンターには欠かせないスライスソフトFlashPrintはFLASHFORGEより提供しております。

3DプリンターDreamer、Guider、Finderに本体に付属しております。

この度はFlashPrintバージョン3.7.0がリリースされましたのでご紹介致します。

ソフト無料ダウンロードはこちら:http://flashforge.co.jp/support/

①それぞれの機種に対応するエンジンの切り替えは以下のように行います。

ソフトを立ち上げ、左上のメニューバーからスライス→プリンターの種類から機種に合わせてソフトを切り替えることができます。(画像を参考)

AEFD9E89CAD84E2BBFB2EAF0361E2B65

②枝状サポートがより使いやすくなりました。

通常のサポート材だと後からサポートの除去が大変ですが、枝サポートだと専用工具がなくてもモデル本体からサポートが簡単に取れます。

例のトナカイモデルです。

まずはSTLをロードし、サポート材をクリックします。

キャプチャ

サポートオプションから枝形にチェックを入れてOK。

キャプチャa

自動サポートAをクリックすると自動的に枝サポートが形成されます。

後から左の追加する【+】アイコンをクリックしてサポートを追加したい場所にマウスでドラックすると新たにサポート材が追加されます。

キャプチャs

サポートの修正が終わったら戻るをクリックしてサポート材付きのSTLファイルが確認できます。

キャプチャd

スライスをクリックしてGコードに変換します。

(ここで必ずサポート材有効、ラフト有効にチェックを入れましょう。)

解像度は標準で構いません。パラメーターの設定が完了したらOKをクリックしてスライスを開始します。

キャプチャf

スライスが完了するとモデルとサポート材が異なる色のGコードとしてオブジエクトが確認できます。(サポート材も特に問題なければ右上のプリントをクリックしてプリントをスタートします。)

キャプチャ2

以下はプリントサンプル画像です。

12308354_941322949248918_4724127385731494136_n12308657_941322985915581_2759414640845354635_n12299128_941322992582247_7369954459038947504_n12311200_941323012582245_3829864506829707912_n

ソフト無料ダウンロードページへキャプチャ

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

第18回【関西】設計・製造ソリューション展<出展様子>

第18回【関西】設計・製造ソリューション展<出展様子>

この度、FLASHFORGE JAPANはDMS主催の関西モノづくりワールド

設計・製造ソリューション展に出展致しました。

今回の展示では新しい3DプリンターFinderファインダーをリリースさせて頂きました。

現在公式サイトで販売をスタートさせて頂いております。

商品の出荷は10月20以降となっております。

詳しい製品情報は画像をクリックしてください。キャプチャ

展示会様子:

12096080_971110289597601_8711813151593612065_n12074731_971110226264274_3493983575753709392_n12065976_971110126264284_1132946701137328652_n12108876_971110139597616_4044212176282751728_n12088587_971110189597611_2331379223477729851_n12074491_971110322930931_3479901989195523826_n12112106_971110166264280_7909859316138338627_n12144783_971527486222548_6771355903695360195_n12143267_971527546222542_8831902254584963406_n12047118_971110209597609_6136247598728862327_n12072640_918072271573986_7617533280029217777_n

 

朴 秀明

APPLE  TREE (株)

FLASHFORGE JAPAN

 

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&セットアップ

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&セットアップ

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&3Dプリンター本体セットアップ

ブログ18g

 

1.光造形3DプリンターExplererを購入された場合は箱二つで商品をお届けさせて頂きます。

木製箱には光造形3Dプリンター本体が入っており、段ボール箱には部品および、カバー、ケーブルなどが入っております。

75A40DE7FFE745E44D33CA7585B065D7

2.まずは段ボール箱を開けて、中に入ってるものを清潔なデスクに置きます。

F38A0F59CECC46362A7586F9FCDF1F0A

3.上部の発泡スチロールを取り除くと、レジンボトル一本(別途購入)、レジントレイ、プラットフォーム、本体電源ケーブル、スイッチ付きコンセントアダプタ、モニタ用DVIケーブル、が入っております。

AD70DCC47850616421B3AF665A49039D

4.その下にはExplorer本体のZ軸、トレイのスクレバー、その他の部品などが入っております。

BFE4BACF56E75068086F2CD303743172

5.Z軸真ん中のモーター回転ネジを時計回りに回しながら、プラットフォームの固定台がZ軸のリミットセンサーを通り抜けまで回します。

459BE0FC371DCD6CCB8321BDE6DDF08B

6.木製箱を開け、3DプリンターExplorerの本体を取出します。

04CAA7B18A3C777198DD71F392C0E311

7.プラットフォーム固定台を手前にZ軸をExplorer本体の上にセットして、一番長い六角ネジを奥側、二番目に長い六角ネジを手前側にセットし、六角レンチでZ軸を固定します。

DADE187B0D17CFE25505153B1D7245F5   407A300874A7CD48E0D9213CD092E0E6

8.Z軸が固定できてから、Z軸モーターのコネクタとZ軸のリミットセンサーをセットします。

0C3D700A7198C7D80C44EA5158BFCE8B  255FB01985281801CAAFDB79B471C18B

9.四本のソケット式六角ネジを用意し、本体レッドカラーのトレイ台座の上にセットします。

EB9CBEAAEFF157412C13825C2CDB6C3E  E65891279809E9CE0CCCCD640E1DCC06

10.最も短い六角ネジでスクレバーを固定する金具とスプリングをExplorer本体上に固定します。

FD11C3AEE29F65E75442BFE3AD5A180421F7243BF0D0008FCC1101C468424ABE

11.四本の黒いネジで、シリコン幅が広い側を右向けにトレイを滑り台に固定します。

C73C1F4742F60D4023C45DA8A5B7D823  FF70E45A22295343EA0AF7F3591FAE16

12.レッドカラーのプラットフォームに付いてるネジ4本を緩めてからZ軸に固定しておきます。

A1E7D3BDA09924A38D008E042B3C3D8B  8B63DA6664824D36CFD8B7182026ABAF

 

13.キーボードをExplorer本体左側につなげます。

F636145658827E938848ABB121CD2BC3

14.付属DVIケーブルでモニターとExplorerをつなげます。

E7C6040F26DBFD6F9D5A061C5EE123CF

15.事前に用意したマウスとUSBメモリを本体につなげます。(インタネットケーブルをExplorer本体につなげると新しいソフトがリリースされた場合はアップグレードメッセージが確認できるようになります。)

7947FDB5AC9B05E1BFC5010E756AB279  6FA0EDD60455F376FAA7FB3891AEA252

16.電源ケーブルをExplorer本体裏側にセットします。

BFDC7ADB4868E858F8117E95698C01B2

17.3DプリンターExplorer本体電源をオンにして、Explorer本体正面スイッチを押して、3Dプリンター本体とモニターを起動します。

03B1F9236FD2F7B99324F341BE3CF0F4  5CC0F8991502E1442E268B416E89F090  F951A780B5846E6C0259D7A4CEB07D76

18.しばらく経つとモニターが起動され、デスクトップにExplorer専用スライスソフト(FlashDLPrint)が確認できます。

4D82C2A16A711D4A706756299C75EB59

19.ソフトFlashDLPrintをワンクリックすると、ソフトが立ち上がって、3DプリンターExplorer本体と自動的に接続されます。(接続されてない場合はメニューなら改めて接続を実行してください。)プラットフォームの水平だし、または実際のプリントテストは製品情報ページのExplorerマニュアルをダウンロードしてご参考下さい。

C1F46C64C3FD6962BCFF0E262F393CEB

20.【光造形3Dプリンターのソフトウェア&本体ファームウェアはFLASHFORGE JAPANより定期的に提供させて頂きいております。今後のリリースに関しては製品公式ホームページの製品ページまたはサポートよりご確認ください。】

 

 

 

Syuumei:)

FLASHFORGE JAPAN

第18回【関西】設計・製造ソリューション展に出展致します。

11836758_892481317466415_7755326780203067971_n

10月7日.8日.9日は第18回【関西】設計・製造ソリューション展に出展致します。
総称:関西モノづくりワールド(DMS)
主催者:リードエグジビション株式会社
会場:インテックス大阪
出展位:ラピッドプロトタイピングゾーン、小間位置はただ今準備中でございます。

朴秀明

FLASHFORGE JAPAN