スライスエンジン

フラッシュプリントは3DプリンタCreatorシリーズに対応します。

33

【FlashPrintは3DプリンターCreatorProに対応します!】
FLASHFORGE(フラッシュフォージ)3DプリンターDreamer、Finder、Guider、Explorer専用スライスソフトFlashPrint(フラッシュプリント)バージョン3.9.0リリース致しました。
FlashPrint最新バージョン3.9.0なら3DプリンターCreatorPro専用Gコードであるx3.gデーターが出力できます。
FLASHFORGE/3DプリンターCreatorProをお持ちのユーザー様も弊社ホームページよりFlashPrintをダウンロードし、枝サポート、ライン充填、モデルカット、レイヤー0.05mmスライスなどのオプションをぜひお試しください。FlashPrintがインストールされているPCをインタネットに接続し、ソフトを起動すると自動更新メッセージが表示されます。(スライス→プリンタの種類→Flashforge Creator Pro)
www.flashforge.co.jp
FLASHFORGE JAPAN

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

ブログ20g

 

フラッシュフォージ3Dプリンター専用スライスエンジンFlashPrintの新しいバージョン3.7.0で新しいオプションとしてモデルカット機能が追加されました。

 

カット機能を覚えてより大きなオブジエクトをプリントしましょう。

モデルの通常サイズが3Dプリンターの造形エリアーを超えた場合に一つのオブジエクトを二つ、または三つに分解してプリントする場合カット機能を利用します。

複数の部分パーツに分けても前パーツを一度にプリントすることができます。

 

ではフラッシュフォージ ソフトFlashPrintを立ち上げます。

キャプチャ

 

ロードからモデルSTLファイルを選択します。

ロードされたモデルの本来の高さが300mmだとします。

造形エリアーをはるかに超えておりますので、この場合にモデルを二つにカットします。

キャプチャa

 

左のアイコンの一番下のCutを選択します。

ディレクション〈Direction〉からカットしたい軸を選択できます。

X軸が左右方向:(マウスで赤の円盤をドラックするとカットしたい場所を変換できます。)

キャプチャd

 

 

それでは、この美術品モデルならZ軸方向(上下)にカットすれば良いのでPlaneZを選択してから、カットしたい場所へマウスで円盤をドラックします。

キャプチャds

カットする位置が決まったらStartCutをクリックしてカットを実行します。

キャプチャfd

カットされた上部の部分をマウスでワンクリックして、左側アイコンの移動からすべてのオブジエクトをプラットフォームにセットします。

キャプチャfda

その後はオブジエクトの方向、プリント位置を調整してスライスからGコード変換が可能になります。

キャプチャsda

 

ソフト無料ダウンロードページへ:http://flashforge.co.jp/support/

FLASHFORGE JAPAN

フラッシュフォージ専用スライスソフトFlashPrintについて

フラッシュフォージ専用スライスソフトFlashPrintについて

フラッシュフォージ専用スライスソフトの枝サポートについて

ブログ19g

3Dプリンターには欠かせないスライスソフトFlashPrintはFLASHFORGEより提供しております。

3DプリンターDreamer、Guider、Finderに本体に付属しております。

この度はFlashPrintバージョン3.7.0がリリースされましたのでご紹介致します。

ソフト無料ダウンロードはこちら:http://flashforge.co.jp/support/

①それぞれの機種に対応するエンジンの切り替えは以下のように行います。

ソフトを立ち上げ、左上のメニューバーからスライス→プリンターの種類から機種に合わせてソフトを切り替えることができます。(画像を参考)

AEFD9E89CAD84E2BBFB2EAF0361E2B65

②枝状サポートがより使いやすくなりました。

通常のサポート材だと後からサポートの除去が大変ですが、枝サポートだと専用工具がなくてもモデル本体からサポートが簡単に取れます。

例のトナカイモデルです。

まずはSTLをロードし、サポート材をクリックします。

キャプチャ

サポートオプションから枝形にチェックを入れてOK。

キャプチャa

自動サポートAをクリックすると自動的に枝サポートが形成されます。

後から左の追加する【+】アイコンをクリックしてサポートを追加したい場所にマウスでドラックすると新たにサポート材が追加されます。

キャプチャs

サポートの修正が終わったら戻るをクリックしてサポート材付きのSTLファイルが確認できます。

キャプチャd

スライスをクリックしてGコードに変換します。

(ここで必ずサポート材有効、ラフト有効にチェックを入れましょう。)

解像度は標準で構いません。パラメーターの設定が完了したらOKをクリックしてスライスを開始します。

キャプチャf

スライスが完了するとモデルとサポート材が異なる色のGコードとしてオブジエクトが確認できます。(サポート材も特に問題なければ右上のプリントをクリックしてプリントをスタートします。)

キャプチャ2

以下はプリントサンプル画像です。

12308354_941322949248918_4724127385731494136_n12308657_941322985915581_2759414640845354635_n12299128_941322992582247_7369954459038947504_n12311200_941323012582245_3829864506829707912_n

ソフト無料ダウンロードページへキャプチャ

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

FLASHFORGE社レイヤ50ミクロンでの3Dプリント

FLASHFORGE社レイヤ50ミクロンでの3Dプリント

FLASHFORGE社レイヤ50ミクロンでの3Dプリント
ブログ11g

3DプリンターDreamerなら造型レイヤーを最も細かくて50ミクロンまで設定できます。
一般のパーソナル3Dプリンターの場合100ミクロンがベースですが、50ミクロンでプリントするとほぼレイヤーが見えないほど造形物の表が滑らかに感じます。

今日は造型レイヤーの設定について書いていきます。
機種:3DプリンターDreamer
スイスエンジン:FlashPrint

このような細かいレイヤーで造型を行うにはすべての3Dデーターに適応するわけではございません。お勧めデーターとして円柱状、丸くてサポートが必要ないモデル、例えば花瓶のオブジェクトなど。。。

通常、FDM型3Dプリンターだと造型レイヤーが0.1mmなので、花瓶またはグラスのような造型を行うと、水を入れてもレイヤの隙間から水漏れする現象が起きています。そのため実際に商品として扱うには理想的ではないのですが、0.05mmのレイヤの厚さでプリントすると水漏れしないことに気づきました。

早速ですが、50ミクロンのプリント設定を行っていきます。
ソフトFlashPrintを立ち上げます。
<注意:なるべく、サポートが必要ないモデルを選択しましょう!>
画像のような、オブジェクトが一番理想的です。
キャプチャ

スライスを行います。50ミクロンで造型するにはPLA樹脂がお勧めです。
溶ける温度が割りと低くて、ヘッドから押し出された樹脂が固まるのもABSより時間がかかるので下の層の樹脂にくっ付きやすいからです。
サポートなし、ラフトなし、そして解像度にはハイパー(高精度)
そして、花瓶モードにチェックを入れます。(充填が0パーセントになります。)
キャプチャ2
その他のオプションの<レイヤ>でレイヤーの高さを0.05mm(50ミクロン)、第一層目のレイヤーを0.1mmに設定します。
キャプチャ3

それから充填率を10パーセントに変更します。(ここでの充填率はモデルの外壁の中身となります。外壁が薄いほど充填率を下げます。時には0パーセントでも構いません。)
キャプチャ5

プリント速度はオブジェクトが小さいほどスピードを上げます。オブジェクトのサイズが大きいほど造型スピードを下げます。FlashPrintの場合30パーセントから60パーセントがベースです。それからプラットフォーム温度を60度に設定します。
キャプチャ6

最後に<ファンを有効にする>のところを必ず<はい>に設定します。
PLA樹脂は造型中に素早く冷やしていく必要があります。
パラメーターの設定が完了したら、OKを押してスライスを実行します。
キャプチャ7

こちらが50ミクロンでプリントした完成品となります。
見た目はほぼレイヤが感じないほど細かくプリントされています。
10616678_852704841444063_144970608319023958_n

11377249_852704818110732_612383394142738998_n

朴 秀明
FLASHFORGE JAPAN