FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&セットアップ

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&3Dプリンター本体セットアップ

ブログ18g

 

1.光造形3DプリンターExplererを購入された場合は箱二つで商品をお届けさせて頂きます。

木製箱には光造形3Dプリンター本体が入っており、段ボール箱には部品および、カバー、ケーブルなどが入っております。

75A40DE7FFE745E44D33CA7585B065D7

2.まずは段ボール箱を開けて、中に入ってるものを清潔なデスクに置きます。

F38A0F59CECC46362A7586F9FCDF1F0A

3.上部の発泡スチロールを取り除くと、レジンボトル一本(別途購入)、レジントレイ、プラットフォーム、本体電源ケーブル、スイッチ付きコンセントアダプタ、モニタ用DVIケーブル、が入っております。

AD70DCC47850616421B3AF665A49039D

4.その下にはExplorer本体のZ軸、トレイのスクレバー、その他の部品などが入っております。

BFE4BACF56E75068086F2CD303743172

5.Z軸真ん中のモーター回転ネジを時計回りに回しながら、プラットフォームの固定台がZ軸のリミットセンサーを通り抜けまで回します。

459BE0FC371DCD6CCB8321BDE6DDF08B

6.木製箱を開け、3DプリンターExplorerの本体を取出します。

04CAA7B18A3C777198DD71F392C0E311

7.プラットフォーム固定台を手前にZ軸をExplorer本体の上にセットして、一番長い六角ネジを奥側、二番目に長い六角ネジを手前側にセットし、六角レンチでZ軸を固定します。

DADE187B0D17CFE25505153B1D7245F5   407A300874A7CD48E0D9213CD092E0E6

8.Z軸が固定できてから、Z軸モーターのコネクタとZ軸のリミットセンサーをセットします。

0C3D700A7198C7D80C44EA5158BFCE8B  255FB01985281801CAAFDB79B471C18B

9.四本のソケット式六角ネジを用意し、本体レッドカラーのトレイ台座の上にセットします。

EB9CBEAAEFF157412C13825C2CDB6C3E  E65891279809E9CE0CCCCD640E1DCC06

10.最も短い六角ネジでスクレバーを固定する金具とスプリングをExplorer本体上に固定します。

FD11C3AEE29F65E75442BFE3AD5A180421F7243BF0D0008FCC1101C468424ABE

11.四本の黒いネジで、シリコン幅が広い側を右向けにトレイを滑り台に固定します。

C73C1F4742F60D4023C45DA8A5B7D823  FF70E45A22295343EA0AF7F3591FAE16

12.レッドカラーのプラットフォームに付いてるネジ4本を緩めてからZ軸に固定しておきます。

A1E7D3BDA09924A38D008E042B3C3D8B  8B63DA6664824D36CFD8B7182026ABAF

 

13.キーボードをExplorer本体左側につなげます。

F636145658827E938848ABB121CD2BC3

14.付属DVIケーブルでモニターとExplorerをつなげます。

E7C6040F26DBFD6F9D5A061C5EE123CF

15.事前に用意したマウスとUSBメモリを本体につなげます。(インタネットケーブルをExplorer本体につなげると新しいソフトがリリースされた場合はアップグレードメッセージが確認できるようになります。)

7947FDB5AC9B05E1BFC5010E756AB279  6FA0EDD60455F376FAA7FB3891AEA252

16.電源ケーブルをExplorer本体裏側にセットします。

BFDC7ADB4868E858F8117E95698C01B2

17.3DプリンターExplorer本体電源をオンにして、Explorer本体正面スイッチを押して、3Dプリンター本体とモニターを起動します。

03B1F9236FD2F7B99324F341BE3CF0F4  5CC0F8991502E1442E268B416E89F090  F951A780B5846E6C0259D7A4CEB07D76

18.しばらく経つとモニターが起動され、デスクトップにExplorer専用スライスソフト(FlashDLPrint)が確認できます。

4D82C2A16A711D4A706756299C75EB59

19.ソフトFlashDLPrintをワンクリックすると、ソフトが立ち上がって、3DプリンターExplorer本体と自動的に接続されます。(接続されてない場合はメニューなら改めて接続を実行してください。)プラットフォームの水平だし、または実際のプリントテストは製品情報ページのExplorerマニュアルをダウンロードしてご参考下さい。

C1F46C64C3FD6962BCFF0E262F393CEB

20.【光造形3Dプリンターのソフトウェア&本体ファームウェアはFLASHFORGE JAPANより定期的に提供させて頂きいております。今後のリリースに関しては製品公式ホームページの製品ページまたはサポートよりご確認ください。】

 

 

 

Syuumei:)

FLASHFORGE JAPAN

ブログトップへ