Filament
フィラメント

  • ABS+PLA+HIPS
  • 1000g&500g
  • 径1.75mm

  • FLASHFORGE社はデスクトップ型パーソナル3Dプリンターの製造メーカーです。
    2013年より、独自開発の樹脂製フィラメントも特許所得し、欧米エリアを中心に販売活動をしております。
    3Dプリンターの製造メーカーだけではなく、品質にこだわりのあるフィラメントメーカーでもあります。

フィラメントに自信あり!

  • ヘッドの目詰まりが激減します
  •              
  • エクストルーダーで正確に供給できて滑りにくい
  • 収縮が少なくオーバーハング形状でも造形しやすい
  • オブジェクトの積層跡が目立ちにくい
  •              
  • リールの巻き取り方がきちんとしています

ABSフィラメント

  • ABS樹脂は粘着性があり、強度があるのが特徴です。
  • 日用品や雑貨などの造形に適しており、パーソナル3Dプリンターの多くはABS樹脂を採用しています。
  • ABS樹脂はその性質からサンドペーパーや紙やすりなどもかけやすく、プラスチック用塗料などの塗装もしやすいです。
  • ABS溶解温度 : デフォルト220度

PLAフィラメント

                 
  • 悪臭が少ない農産物由来のエコ素材PLAフィラメント。材料は、
                  農産物由来のプラスチックとして注目を集めているPLA(ポリ乳酸)です。
  • PLAは、最終的に二酸化炭素と水に分解されるエコ素材のため、安心してご利用いただけます。
  • PLA溶解温度 : デフォルト210度

HIPSフィラメント

  • HIPSは主にABS樹脂向けのサポート材となります。
  • 通常だとサポート除去が難しい構造でもリモネンが届くなら除去できます。
  • HIPS樹脂はリモネンという柑橘類から取れる溶剤によく溶けます。
  • ABSはリモネンに溶けないのでABSでできたオブジェクトだけが残る仕組みです。
  • HIPS溶解温度 : デフォルト230度

600g

1000g

HIPS使用方法

                 
  • リモネンは無色透明の液体で、匂いは柑橘類の皮の匂いを濃縮した感じです。
  • 密閉できる容器じゃないと家中が柑橘類の香りで満たされます。
    (蓋付きの容器をお勧めします。)
  •              
  • 出力したものが完全に沈む量のリモネン(50~100ccくらい)に数時間に漬け込みます。
                  (時々瓶を揺らしたり、溶けかけたサポート材を剥がしたりすることも可能です)
  •              
  • その後、ビニール手袋で瓶から取り出し、ABS表面を綺麗に洗浄します。
                  (アルコールスプレーでモデル表面のリモネンが綺麗にとれます。)
  • HIPSはほぼ完全に溶解し、ABSだけが残ります。
  • 複数回使用後は無色透明だったリモネンは白く濁ります。
    (数回使えますので、サポート材が溶けなくなったらリモネンを入れ替えてください。)

PVAフィラメント

  • 水溶性サポート剤
  • 環境にやさしい
  •              
  • 常温で水に溶けます
  •              
  • プリント温度が範囲広く、190-220度の間できれいにプリントできます

PCフィラメント

                 
  • 食品レベルのPC材料で開発した3Dプリントするのに適用合金素材です
  • PC材料は食品レベルで、BPAが入ってない。
  • PC材料の透明性を保ち、透光率は85%以上
  • PC材料のいい機械性能を保ち、耐衝撃性と硬さが高い
  • 難燃性が高く、UL94 V-0レベルの難燃性がある
  • 普通のPC素材でプリントする際に出る反るや亀裂の問題

PAフィラメント

  • 透明度が高く、透光率が90%に至る
  • 光沢度がいい
  • 100℃条件で長時間使用できる
  • 素材径精度が高く、直径の標準偏差値?0.05mm
  • プリント温度の幅が広く、220-260℃の間に順調にプリントできる
  • 底部面積が小さい模型をプリントする際、プラットフォームは加熱しなくても大丈夫

プリントする際に樹脂交換においての注意点

  • PLA樹脂からABS樹脂の交換は問題ないのですが、ABS樹脂からPLA樹脂に交換する際、注意が必要になります。
  • 先述のように、ABS樹脂の方がPLA樹脂よりも高い温度で溶けます。
  • 高い温度でABS樹脂がプリントヘッドからすべてなくなるよう、PLA樹脂で押し出します。
  • この際、温度を変えず、高温のまま放置しないよう注意してください。
  • PLA樹脂は植物由来のため、焼けて炭化してしまい、ヘッドから排出できなくなります。
  • このように素材の特性を理解しておけば、トラブルを回避することができます。

Filament

見積依頼
企業&学校法人専用
お問い合わせ
メール:info@flashforge.co.jp
フリーダイヤル:0120-393-595