ブログ

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

3DプリンターGuider&Finderシングルヘッドの目詰まり解消方法

ブログ24g

 

フラッシュフォージ・ジャパン 2015年後半新発売商品3DプリンターGuiderとFinderのエクストルーダーメンテナンス&ヘッド目詰まり解消方法についてです。

画像を参考しながら目詰まりを解決しましょう。

 

①作業前は必ず3dプリンターの電源をオフにしましょう。

BDAD9937F87CDB107511E18803404860

②付属の六角レンチでエクストルーダー上部カバーのネジ二本を外します。

B25DE67F79E9803C4B5E050DAA47F062

③プラスドライバで手前のプラスネジを外します。

5744A6B8904E9869AB58262C4B92EA1D

④三本のネジを外すとエクストルーダーカバーの取り外しが可能になります。

C284C7EF60517C0AC1F971639F25B7B7

⑤水平だし用サーボセンサーが固定されたプラスネジ三本を外してセンサーのコネクタを基盤から外します。

A24A5329C0E3E82F342B22D18CA01839   CBCC1ADE57B0D6D4F8BBFDCFFE7E8411

⑥モーターのコネクターとターボファンのコネクターを外します。

D81380EAB21C26BF25A31AF65C524B18

⑦基盤からリボン配線を外します。

105F98DDAA8487F9C3554102C9D32FCB

⑧3本の六角ネジを取出して基盤を左側に避けさせておきます。(ホットエンドと熱電対のコネクタだけは外さずに残しておきます。)

FD72BB8CC89A7FCC775F363BA3F1DA46

⑨フィラメント引込用モーターの六角ネジ二本を外しすとモーターが取れます。

0ADA8A5829A715BAC4F2A945BEB4AE63

⑩モーターのギア(赤い丸)にフィラメントの粉末が付いてる場合はブラシで掃除します。

B8E538E4900538FC4E321BD3D7747C60

⑪再びモータとターボンファンのコネクタを基盤に付けておきます。

11D4DA781DB7C79C066D7084C1266A15

⑫フラッシュフォージのノズル径は0.4mmなので0.3mmのドリルを使用します。

(ドリルセットは市販で入手できます。アマゾン、ヤフーで2000円未満で購入できます。3Dプリンター ヘッドまたはノズル/ドリルで検索してみてください。)

391BDFD6FC7FBB705EC2696ED9D5C8F2  0ADE74535810447047D1DE17328D2358

⑭引き続き本体の電源をおんにしてタッチパネルからヘッド押出し作業を実行します。

(ホットエンドが加熱し230度まで上がります。)

F21925FA92A34EDD6F61BE1D85174689

⑮ヘッド温度が230度になってから径0.3mmのドリルをヘッドの目先に挿入し、少しづつ左右に回転します。

F798BD1233680EF6AD5C29348D5AB775

⑯ドリルが5mmほど入ったら今度はフィラメントと同じくらいの針または六角レンチをホットエンド上側のフィラメントが入る穴に押入れると目詰まりを起こしたゴミがフィラメントと共にヘッドから流れ出されます。(以上方法はあくまでも通常の目詰まりトラブルにおいての解消方法になりますので以上手順通り解決できない場合はお手数ですがFLASHFORGE JAPANへお問い合わせするようお願い致します。)

6CCAE8C2F9DE2B97DCFB1896FFD0E075                  6AD6ECB5A67913340788494EB625B058

 

 

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

3DプリンターCreatorProのABSとPLA出力スライサー切り替え方法

3DプリンターCreatorProのABSとPLA出力スライサー切り替え方法

3DプリンターCreatorProのABSとPLA出力スライサー切り替え方法

ブログ23g

10590616_947888295259050_8894254875764887327_n

画像をクリックして拡大

以下はスライスソフトReplicatorGの場合のGコード変換パラメーター設定になります。

①ABSでのプリントは付属のアクリルカバーを全て本体に付けておきます。(保温のため)

②スライスをする際に貼り付け画像1のReplicator slicing defaultsを選択します。(エクスルルーダー左側にセットされたターボファンが起動しません。)

③弊社の純正フィラメントABSのヘッド温度は220度 プラットフォーム設定温度は115度 PLAの場合はヘッドが210度プラットフォームが50度です。

④PLA樹脂でのプリントは画像2のReplicator 2 slicing defaultsを選択します。(エクストルーダー左側にセットされたターボファンが回転しプリント中のオブジエクトを素早く冷やします。)

⑤その他のパラメーターはとりあえずデフォルトに設定します。(画像3のLoad Replicator Defaultsを選択します。)

⑥ターボファンが回転するとオブジエクトを素早く冷やすことができますがABS樹脂でプリントする場合にターボファンを起動するとプリント中のオブジエクトがプラットフォームから剥がれやすくなったります。しかし比較的に小さいモデル(例えば奥行き2~5cm幅2~5cmほどのオブジェクト)ならABSでもターボファンを起動した方が綺麗にプリントされる場合がございます。

⑦一回目のプリントで失敗すればまずは画像4の充填率とレイヤーの数値を変えたりしてパラメーターを調整します。

 

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

 

デュアルヘッド3Dプリンターのノズル高さ調整方法について

デュアルヘッド3Dプリンターのノズル高さ調整方法について

デュアルヘッド3Dプリンターのノズル高さ調整方法について

ブログ22g

 

フラッシュフォージのFDM方式3DプリンターDreamerとCreatoroProはデュアルヘッド方式のエクストルーダーになります。

左右ヘッドの高さ調整または使わない方のヘッドを取り外すこともできます。

以下手順に従いヘッドの高さ調整を行います。

 

①まずはDreamer本体の電源を切ります。

付属の六角レンチでエクストルーダーを本体のX軸のステージから外しておきます。

79CBF36E9886B17AD9252954790D0B49

②(右ヘッドを調整する場合)

右側のモーター冷却ファンを取り外します。(画像参考)

A26918210C6B01806875BE80661C5E23

③ファンを外すと後ろ側のモーターがスライドで外れます。

DF53F10F0CC9A0874D36421F0FBC45BD

④ファンとモーターが外れるとホットエンドが固定されてるアルミ製板に六角ネジが確認できます。

58B25709B9DCF160859CF36DC692AEF9

⑤付属の六角レンチでネジを緩めます。

40A2DD6F30F2BF00DCFE23DD6BC3D6FA

⑥スパナを使って右ノズルを少しづつ左右に回転すると上下に移動できるようになりヘッドの高さが調整できようになります。

4EAC6E9918D5DB1CCF5129A1E82F3782

http://www.flashforge.co.jp

FLASHFROGE JAPAN

光造形機3DプリンターExplorer出力の流れについて

光造形機3DプリンターExplorer出力の流れについて

光造形機3DプリンターExplorer出力の流れについて。

ブログ21g

 

本日は光造形機と専用スライスソフトFlashDLPrintについて紹介致します。

291C03C4061A188C503DB74BE1B2045A

まずはExplorerの電源を入れます。

3C80F923557CACE93DA6AD5756FE929D

電源が入るとディスプレイが起動しデスクトップにあるスライスソフトFlashDLPrintを立ち上げます。

85B182227ED9AB16A017D73ECABF523E

事前に準備したSTLファイルが入ってるUSBメモリを3DプリンターExplorer左側のポートにセットします。(Explorerはリナックスシステムが内蔵されてるPC一体型3Dプリンターです。)

01A04AB006A585A7F196818653B41AC4            DED3FA6E3083786D6DF52F3FE737070A

FlashDLPrintの使い方はFDM専用スライスソフトFlashPrintと似てます。ソフト自体も日本語になっております。それではモデルをロードします。モデルがプリントエリアを超えてる場合は左のアイコンスケールアイコンをクリックしてプリントエリアに合わせてから更に移動アイコンからモデルをプラットフォームにセットします。

33C6E27923894D1F9291C2A5DAF5AAB7  02D64D9C870792551725531DFF642B15

サポート材が必要な場合はサポートアイコンをクリックして手動/自動でオブジエクトにサポート材を加えます。

D07CF73F58D6ECCEB732B60AA7EB25BB     C0728D3D95160C0469400EE7F4739A85

ファンデーション:レジンでできた基盤です(FDMではラフトといいます。)

サポート材簡単にプラットフォームから取れないような作用です。

形状:ファンデーションの形または厚さです。アクセサリ系のモデルはCone50で結構です。

フィギュアとかになりますとCube型が良いと思います。

(どのファンデーションでも厚さは0.3mmがベース)

範囲:ファンデーションのサイズです。(なるべくモデルより大きめに設定しましょう。

サポートタイプ:自動サポートの後にサポート材を追加したり削除したりできます。

サポートのパラメーター:形状、太さ、量、ファンデーションから浮き上がる具合などが変種できます。(ラフトとモデル間にサポートが必要ない場合は持ち上げ率を0mmに設定します。)

 

それでは、モデルのスライス作業に進みましょう。

(ただ今よりプリントするDNAモデルは特にサポートが必要ないです。)

一番上のアイコンスライスをクリックします。(名前を付けて保存します。)

スライスが終わったらスライス完了のメッセージが出ます。OKをクリックして終了。

78BC0A737A1ADD5E97FBBB05CB1A778B

プリントアイコンから先ほどのスライスしたモデルを選択してOKをクリックするとプリント設定画面に切り替えます。(ここでレジンを選択しますがFLASHFORGE専用レジンならパラメーターの設定が決まっておりますのでそのまま下のガイドラインに従って作業を続けましょう。

0013BE5B2AE661682167DB53182C20C1  D0D8D1B501F5E2B607575198376F435B

ステップ1にチェック USBポートの確認

ステップ2にチェック レジントレイとプラットフォームをセット。

ステップ3にチェック入れるとZ軸がプリント位置に移動し待機します。

E9C76B035688D1F149D70EF7960C3244

ステップ4にチェック レジンをプラットフォーム底面に付くまでレジントレイにレジンを注ぎます。

DDE434AC3926DAAE22B8C55948EFF58F

ステップ5にチェック スクレバーをレジントレイにセットしオレンジ色のカバーを本体に取り付けます。

1F8F6D0814BB2A6975A2AD2E1246CB18

右下側のプリントをクリックすると(プロジエクターがオンになってることを確認して管っさいとメッセージがでます。60秒後にOKをクリックしてプリントを開始します。

304474ED686EA455D673A5C3F313569C

プリント始まるとレジントレイが左右にスライドし、DLPの明るいライト照射が確認できます。(ソフトの右下側にはプリント予測終了時間とプリントレイヤ数と現在のプリントレイヤ数が表示されます。

プリント具合を確認するために一時停止も可能になっております。

(ブジエクトがプラットフォームにちゃんと付いてるかを確認するためです。)

1E7FCD1B6155B1F64228FB37AA1ED17B   D09DBE88D3B934B6C5088EBBACC6D510

プリントが完了するとExplorer本体のオレンジカバーを外してプラットフォーム固定ネジを緩めプラットフォームを取り外します。(今回のプリントは約1時間22分)

0BE698CAEA52288772F92C96414FB8C0

カッターナイフでオブジエクトをプラットフォームから切り取ります。(安全の為、作業グラス(メガネ)とビニル手袋を付けましょう。

09DBCA88AC98DD8083A888456A29E9C7

紙ペーパーで取出したオブジエクトの表面に付いてるレジンを綺麗に拭き取ってからアルコールの液体にしばらく付けておいたから(10分~30分)取出します。

食器用洗剤でも綺麗に取れる場合がございます。(レジン成分によりますが、、、)

 FEBA34D791EEAFCC1265A270CB9CED0D   723C365CE4229F4FF58429743F42738B

 

これで光造形機のプリントテストはここまとなります。

E555FF76152E6A1F82B00DEF974591C0

高さ10mm/DNAモデルプリント完了。

光造形機の製品ページへリンク:http://flashforge.co.jp/explorer/

 

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

3DプリンタースライスソフトFlashPrint 3.7.0 のモデルカット機能

ブログ20g

 

フラッシュフォージ3Dプリンター専用スライスエンジンFlashPrintの新しいバージョン3.7.0で新しいオプションとしてモデルカット機能が追加されました。

 

カット機能を覚えてより大きなオブジエクトをプリントしましょう。

モデルの通常サイズが3Dプリンターの造形エリアーを超えた場合に一つのオブジエクトを二つ、または三つに分解してプリントする場合カット機能を利用します。

複数の部分パーツに分けても前パーツを一度にプリントすることができます。

 

ではフラッシュフォージ ソフトFlashPrintを立ち上げます。

キャプチャ

 

ロードからモデルSTLファイルを選択します。

ロードされたモデルの本来の高さが300mmだとします。

造形エリアーをはるかに超えておりますので、この場合にモデルを二つにカットします。

キャプチャa

 

左のアイコンの一番下のCutを選択します。

ディレクション〈Direction〉からカットしたい軸を選択できます。

X軸が左右方向:(マウスで赤の円盤をドラックするとカットしたい場所を変換できます。)

キャプチャd

 

 

それでは、この美術品モデルならZ軸方向(上下)にカットすれば良いのでPlaneZを選択してから、カットしたい場所へマウスで円盤をドラックします。

キャプチャds

カットする位置が決まったらStartCutをクリックしてカットを実行します。

キャプチャfd

カットされた上部の部分をマウスでワンクリックして、左側アイコンの移動からすべてのオブジエクトをプラットフォームにセットします。

キャプチャfda

その後はオブジエクトの方向、プリント位置を調整してスライスからGコード変換が可能になります。

キャプチャsda

 

ソフト無料ダウンロードページへ:http://flashforge.co.jp/support/

FLASHFORGE JAPAN

フラッシュフォージ専用スライスソフトFlashPrintについて

フラッシュフォージ専用スライスソフトFlashPrintについて

フラッシュフォージ専用スライスソフトの枝サポートについて

ブログ19g

3Dプリンターには欠かせないスライスソフトFlashPrintはFLASHFORGEより提供しております。

3DプリンターDreamer、Guider、Finderに本体に付属しております。

この度はFlashPrintバージョン3.7.0がリリースされましたのでご紹介致します。

ソフト無料ダウンロードはこちら:http://flashforge.co.jp/support/

①それぞれの機種に対応するエンジンの切り替えは以下のように行います。

ソフトを立ち上げ、左上のメニューバーからスライス→プリンターの種類から機種に合わせてソフトを切り替えることができます。(画像を参考)

AEFD9E89CAD84E2BBFB2EAF0361E2B65

②枝状サポートがより使いやすくなりました。

通常のサポート材だと後からサポートの除去が大変ですが、枝サポートだと専用工具がなくてもモデル本体からサポートが簡単に取れます。

例のトナカイモデルです。

まずはSTLをロードし、サポート材をクリックします。

キャプチャ

サポートオプションから枝形にチェックを入れてOK。

キャプチャa

自動サポートAをクリックすると自動的に枝サポートが形成されます。

後から左の追加する【+】アイコンをクリックしてサポートを追加したい場所にマウスでドラックすると新たにサポート材が追加されます。

キャプチャs

サポートの修正が終わったら戻るをクリックしてサポート材付きのSTLファイルが確認できます。

キャプチャd

スライスをクリックしてGコードに変換します。

(ここで必ずサポート材有効、ラフト有効にチェックを入れましょう。)

解像度は標準で構いません。パラメーターの設定が完了したらOKをクリックしてスライスを開始します。

キャプチャf

スライスが完了するとモデルとサポート材が異なる色のGコードとしてオブジエクトが確認できます。(サポート材も特に問題なければ右上のプリントをクリックしてプリントをスタートします。)

キャプチャ2

以下はプリントサンプル画像です。

12308354_941322949248918_4724127385731494136_n12308657_941322985915581_2759414640845354635_n12299128_941322992582247_7369954459038947504_n12311200_941323012582245_3829864506829707912_n

ソフト無料ダウンロードページへキャプチャ

www.flashforge.co.jp

FLASHFORGE JAPAN

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&セットアップ

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&セットアップ

FLASHFORGE 光造形3DプリンターExplorerの開封&3Dプリンター本体セットアップ

ブログ18g

 

1.光造形3DプリンターExplererを購入された場合は箱二つで商品をお届けさせて頂きます。

木製箱には光造形3Dプリンター本体が入っており、段ボール箱には部品および、カバー、ケーブルなどが入っております。

75A40DE7FFE745E44D33CA7585B065D7

2.まずは段ボール箱を開けて、中に入ってるものを清潔なデスクに置きます。

F38A0F59CECC46362A7586F9FCDF1F0A

3.上部の発泡スチロールを取り除くと、レジンボトル一本(別途購入)、レジントレイ、プラットフォーム、本体電源ケーブル、スイッチ付きコンセントアダプタ、モニタ用DVIケーブル、が入っております。

AD70DCC47850616421B3AF665A49039D

4.その下にはExplorer本体のZ軸、トレイのスクレバー、その他の部品などが入っております。

BFE4BACF56E75068086F2CD303743172

5.Z軸真ん中のモーター回転ネジを時計回りに回しながら、プラットフォームの固定台がZ軸のリミットセンサーを通り抜けまで回します。

459BE0FC371DCD6CCB8321BDE6DDF08B

6.木製箱を開け、3DプリンターExplorerの本体を取出します。

04CAA7B18A3C777198DD71F392C0E311

7.プラットフォーム固定台を手前にZ軸をExplorer本体の上にセットして、一番長い六角ネジを奥側、二番目に長い六角ネジを手前側にセットし、六角レンチでZ軸を固定します。

DADE187B0D17CFE25505153B1D7245F5   407A300874A7CD48E0D9213CD092E0E6

8.Z軸が固定できてから、Z軸モーターのコネクタとZ軸のリミットセンサーをセットします。

0C3D700A7198C7D80C44EA5158BFCE8B  255FB01985281801CAAFDB79B471C18B

9.四本のソケット式六角ネジを用意し、本体レッドカラーのトレイ台座の上にセットします。

EB9CBEAAEFF157412C13825C2CDB6C3E  E65891279809E9CE0CCCCD640E1DCC06

10.最も短い六角ネジでスクレバーを固定する金具とスプリングをExplorer本体上に固定します。

FD11C3AEE29F65E75442BFE3AD5A180421F7243BF0D0008FCC1101C468424ABE

11.四本の黒いネジで、シリコン幅が広い側を右向けにトレイを滑り台に固定します。

C73C1F4742F60D4023C45DA8A5B7D823  FF70E45A22295343EA0AF7F3591FAE16

12.レッドカラーのプラットフォームに付いてるネジ4本を緩めてからZ軸に固定しておきます。

A1E7D3BDA09924A38D008E042B3C3D8B  8B63DA6664824D36CFD8B7182026ABAF

 

13.キーボードをExplorer本体左側につなげます。

F636145658827E938848ABB121CD2BC3

14.付属DVIケーブルでモニターとExplorerをつなげます。

E7C6040F26DBFD6F9D5A061C5EE123CF

15.事前に用意したマウスとUSBメモリを本体につなげます。(インタネットケーブルをExplorer本体につなげると新しいソフトがリリースされた場合はアップグレードメッセージが確認できるようになります。)

7947FDB5AC9B05E1BFC5010E756AB279  6FA0EDD60455F376FAA7FB3891AEA252

16.電源ケーブルをExplorer本体裏側にセットします。

BFDC7ADB4868E858F8117E95698C01B2

17.3DプリンターExplorer本体電源をオンにして、Explorer本体正面スイッチを押して、3Dプリンター本体とモニターを起動します。

03B1F9236FD2F7B99324F341BE3CF0F4  5CC0F8991502E1442E268B416E89F090  F951A780B5846E6C0259D7A4CEB07D76

18.しばらく経つとモニターが起動され、デスクトップにExplorer専用スライスソフト(FlashDLPrint)が確認できます。

4D82C2A16A711D4A706756299C75EB59

19.ソフトFlashDLPrintをワンクリックすると、ソフトが立ち上がって、3DプリンターExplorer本体と自動的に接続されます。(接続されてない場合はメニューなら改めて接続を実行してください。)プラットフォームの水平だし、または実際のプリントテストは製品情報ページのExplorerマニュアルをダウンロードしてご参考下さい。

C1F46C64C3FD6962BCFF0E262F393CEB

20.【光造形3Dプリンターのソフトウェア&本体ファームウェアはFLASHFORGE JAPANより定期的に提供させて頂きいております。今後のリリースに関しては製品公式ホームページの製品ページまたはサポートよりご確認ください。】

 

 

 

Syuumei:)

FLASHFORGE JAPAN

光造型3DプリンターExplorerエクスプローラーリリース!

光造型3DプリンターExplorerエクスプローラーリリース!

光造型3DプリンターExplorerエクスプローラーリリース!

ブログ17g(新商品発表までのスケジュール)

6月10日光造型3DプリンターExplorer展示用の試作機が事務所へ届きました。

ダンボール箱一つと、木製箱一つDB044A1CEF20B2C24A5660C9970C8809

 

木製箱の中には光造型3Dプリンター本体が入っており、

ダンボール箱にはそれの付属品が入っていました。

付属品リスト:オレンジ色カバ×1、Z軸プラットフォーム×1、レジントレイ×1、スクレーパー×1、DVIケーブル×1、電源ケーブル×1、それぞれの部品を取り付けるネジ&ナットと六角レンチ。

以上ものが基本付属品となります。用意する必要があるのは、映像モニター、キーボード、マウスと最新ソフトをキャッチするためのインターネット配線。

セット完了画像1D227AD5DEED0D0F05CD2FBEF0FA2CF4

6月13日製品の撮影F389DF857F4450D20545BB1BB0EE9212

7月7日製品マニュアル作成aa

7月8日日本語ソフト翻訳編集3A4D2F222553F34670D60992ECAFE382

7月9日製品ページ製作05ECA89B219125D691F2A85DC37D3EFC

7月10日動画撮影キャプチャ

7月11日プロモーションムービー製作6F2301F7DBC04BD1CB00205CE34F4FB1

7月24日に日本向けにリリースslider-02

 

Syuumei;)

FLASHFORGE JAPAN

Dreamerフィラメント引き込み&押し出しについて

Dreamerフィラメント引き込み&押し出しについて

Dreamerフィラメント引き込み&押し出しについて

ブログ16g 3Dプリンタードリーマーのエクストレーダーについてですが、CreatorProでも同じ手順でフィラメント交換する際のトラブルが解決できます。

 

問題①:フィラメント交換する際にエクストルーダーから樹脂がうまく押し出されない

解決方法:Dreamerの電源を入力して、タッチパネルのツールから左上の樹脂交換をタッチ選択します。通常は(右ヘッドの場合)右ヘッド取り出しを選択するとセットされてるフィラメントがエクストルーダーより押し出されるはずですが、230度まで温度が上がってもガッガッガッと音だけなって、樹脂が出ない時があります。その場合は右フィラメント引き込みを選択した、逆に樹脂をヘッドから出力される状態に戻して、フィラメント引き込み作業中にエクストルーダー右ヘッド側のレバーを押しながら、上(樹脂の入口)からフィラメントを掴んで引っ張り出してください。

5D094505901362E21A57207062BAD94B2C2942F18F513D104F776D98DA6D6254C6CB955155DD4DE44025E13892C1E2A7D199F14410AC8D89D865DC531546ABCF

 

問題②:フィラメント引き込み作業中にガッガッガッと音がなっていて、樹脂がうまく引き込まれない

解決方法:Dreamerの電源を入れて、タッチパネル真ん中の加熱準備を選択します。それから、右ヘッドデフォルト設定温度230度を指でタッチして、温度を250度に変更して、OKをクリックして終了。その後はツールから左上の樹脂交換をクリックして、(右ヘッドの場合)右ヘッド引き込みを選択して、温度が250度に到達して、エクストルーダーが引き込み作業中に、指で樹脂の入口側のフィラメントを掴んで、少々力を入れて、エクストルーダーの中へ押し入れます。

5D094505901362E21A57207062BAD94BF1513BBD5BCD42FEE064554A62E9F9208D6810E90E03BBF997180BBF06B23F862C2942F18F513D104F776D98DA6D6254C6CB955155DD4DE44025E13892C1E2A7D511412DC12E86F10D3D15A9A4A9F48A

(以上解決方法はヘッド詰まり、ギアでの樹脂絡みなどトラブルを除きます)

Syuumei;)

FLASHFORGE JAPAN

3Dプリンターの種類とFLASHFORGEの光造型機について

3Dプリンターの種類とFLASHFORGEの光造型機について

3Dプリンターの種類とFLASHFORGEの光造型機について

ブログ15g

 

3Dプリンターには主に6種類の造形方式がございます。

 

熱溶解積層法:

(通称FDM型3Dプリンター)現在5~50万円帯の低価格パーソナル3Dプリンターですが、業務用としての数百万円のものもございます。成型原理として、溶かしたリール状の樹脂を一層づつ積み重ねて、立体模型を作り上げます。主にシングルヘッド出力とデュアルヘッド出力があり、デュアルヘッドのメリットとして、一度に2色のプリントができたり、異なる材質の樹脂でオブジェクトのサポートが可能になります。また、加熱式プラットフォーム(造型台)の場合はABS、PLA、PVA、HIPSなど様々なフィラメントが利用できます。ちなみにFLASHFORGEの3Dプリンターはすべてデュアルヘッド方式であることと、プラットフォームも加熱できるタイプとなっております。

ドリル表紙(計算)2

 

光造形方式:

(通称SLA型3Dプリンター)数十万円、数百万円、数千万円、価格は色々です。素材としては主にレジンになりますが、最近はゴム、シリコンなど色々な素材が増えてきています。成型原理は液体のレジン(紫外線硬化樹脂)にUVレーザー(紫外線)をあてて一層一層、固めながら積層する方式になります。このような造形方式は樹脂を溶かすFDM型と違って、液体状のレジンを固めるだけなので、熱による変形または、積層の段差が目立たないため、割と透明に近いオブジェクトが出力できます。積層するレイヤもFDMの100ミクロンに対して四部の一にあたる25ミクロン(またはそれ以上)で積層が可能になっております。高精度の造型は実現できておりますが、最近のパーソナルタイプのほとんどが、吊り上げるプラットフォームになるため、造型エリアが狭いのと、レジンの単価がまだまだ高いので、利用範囲が限られています。業務用光造型機はプラットフォームを吊り下げるタイプが多いです。液体樹脂のタンクを吊り下げ、レーザーを上から照射するため、本体も業務用冷蔵冷凍庫くらいの大きさとなります。あまりにも大きいため、ほとんどが産業廃棄物として処分されるようになっております。

binder_im2 92DD8FE382B08EAE

 

粉末造形方式:

(通称SLS型3Dプリンター&石膏パウダー)粉末状石膏をノリでくっ付ける積層方式です。(インクジェット積層方式ともいわれます。)素材として使われる石膏パウダーの色がホワイトであるため、着色が可能なので、カラフルーな造形ができます。デメリットとして、透明なオブジェクトがプリントできず、また石膏であるため強度が足りないのと、実用性が少ないためメーカーも限られており、本体価格も百万円を超えております。最近は、自分フィギュアなどでリアルな造型サービスでよう使われるようになってきています。粉末造形方式にはもう一つの方式があります。それはレーザーと粉末状樹脂を組み合わせたものです。素材が樹脂パウダーになりため、このような造形にはノリの代わりにレーザー照射で粉末状樹脂を焼き付けます。樹脂だから強度があるものの、熱による分子変形がおきるため単色プリントのみ対応しております。

binder_im2 structure_01

 

インクジェット積層方式:(光造形法に分類されます)

カラフルな(紫外線硬化レジン)インクをノズルから噴射しUVライト(紫外線)で瞬間に固め、下から上方向へ塗り重ねていく方式です。主に医療分野(臓器模型、人体模型)などで使われる高価な3Dプリンターとして知られ、アメリカの大手ストラタシス社と合併したイスラエルの3DプリンターメーカーObjet社の所有ブランドとなります。透明物体の出力ができますが、装置本体も大きいため、一般向けには普及しておりません。販売価格は数百万からとなります。

38507fe45b57b7fd099803a53e5e4834

 

フィルム式3Dプリンター:

何十から何千枚のクリアフィルムを三次元図案を元に、一枚づつ形状を2D図面をカットして、ノリでくっ付ける方式です。特許または実用性と素材がとても高価であるため、普及せず、提供してもらえるメーターも少ないです。

 

ペッパー式3Dプリンター:

こちらの3Dプリンターの素材は紙です。(普通のA4サイズ紙)カラフルなインクを紙に塗装しながらノリでカットされた紙を一枚一枚くっ付ける方式になります。積層方式はフィルム式3Dプリンターに似たようなものですが、素材が紙なので透明オブジェクトはプリントができなく、造型物は強度が足りないのと、サポート材など後作業が難しいです。その代わりオブジェクトに限りながら、非常にリアルなものがプリントできます。

 

現在、FLASHFORGE JAPANで取り扱ってる3DプリンターはFDM型(熱溶解積層方式)となっておりますが、いよいよ、今月末(2015年7月)に光造形の3Dプリンターを日本でリリースさせて頂きます。

FLASHFORGE社光造形機の製品メリット

①デスクトップ型なので、本体の持ち運びが便利で扱い易い。

②業務用SLAなどと比べたら、商品単価が安い。

③Linuxシステムが内蔵された画期的な光造形方式の3Dプリンタです。(他にPCは必要ありません)専用ソフトも当然本体に埋め込まれており、インターネットと接続することによって、定期的に新しいソフトウェア&ファームウェアが入手できます。

 

朴 秀明(XiuMing Piao)

FLASHFORGE JAPAN

FLASHFORGE社製3Dプリンターの部品を紹介します。

FLASHFORGE社製3Dプリンターの部品を紹介します。

FLASHFORGE社製3Dプリンターの部品を紹介します。

ブログ14gでは3DプリンターDreamer&CreatorPro専用部品一覧を紹介させて頂きます。

今後、すべての部品をオンラインストアまたは各ECサイトで販売していく予定でございます。

出品されてる部品以外でも、FLASHFORGE社製3Dプリンター関連のものならすべてご提供させて頂きます。

必要なものあれば、ぜひ気軽にFLASHFORGE JAPANまでお問い合わせください。

E-mail:syuumei@flashforge.co.jp

TEL:06-6710-9061

FAX:06-6575-9907

http://www.flashforge.co.jp

 

Syuumei ;>

FLASHFORGE JAPAN

0A5C974B89A1C0A5B0F439A6792983C50D8D6BDAED52B088D1DED74C2C12A1181B254E22B24A40DC819B081D9F2719BB1F07F504FE4BAD8955518077C2983174

3A5F8FFEE71C44A2F552022879AFC8064D55B30B3CE436952E376E0B34678C456E8E5031D055BBC0017B4B8D44B670087ED6E08F77AF1718DC127EA7B61E85C908E801276061F8E9239CD79F15B3269A42A10D52E751B9EC4455B5012830A7D064C1178A9F58D46581F546FE1AD1AA3C86CBBDF9C67A47631A4B06FD19FD8AFD2650F07B537BC31A061B4119595A2AC82823DC3C127C8F56CA0081B741538CC45410D5534050CABC3BA785C54535A07F5431CF20DD9CA1D5C6AEEA190DC66C706910B0E5772FA6BE23E7D17C0D37EDC682684BE1A86FF9391C9DEC5EDAED3BFA59871086A331A5E58E048F6FD104BA055580330875FE8BEE6874D4FA221FB697A9B54F2EC99A561486F00A651ECF006FA79DCA428046910F026CDC5E20D8A4A5BA2CF0534005B60E100460BE78E9181DCCE533BC18119038C3F73204D8DEEB40D35D6718CA826402D331D20B6BEB53E7EDCD07ED8B23A3E7043430A606D40C63F94D0D6FE800E6D5463EF328BAE8906A8F1C5EA1047452CECD37A9D40A5CA4AD

注目!3Dプリンター反りの解決と水平だしのコツ

注目!3Dプリンター反りの解決と水平だしのコツ

注目!3Dプリンター反りの解決と水平だしのコツ

 

ブログ13gではパーソナル3Dプリンターの反り問題とそれの解決策について書いています。

BECFD8C76E005EEB468C2CF10A973734

 

一層目の樹脂層が剥がれてしまって造型に失敗したり、一層目が全くプラットフォーム上に定着しなったりするのは、水平だしがうまくいかなかったと思われる方が沢山いると思います。

(プラットフォームの水平だしが悪くて、プリントに失敗するケースもあると思いますが、水平だしがうまくいったけど、樹脂のくっ付きが悪い場合は、他になんらかの原因があるはずです。)

 

それでは、反りの解決ノウハウと一層目のプリントコツをお伝えしますので、ぜひ一度お試し頂きたいと思います。

 

テストは3DプリンターDreamerで行ないます。CreatorProの場合でも同じ手順になります。

 

①最初の水平だし作業

本体が届いたらまずは水平だし作業を行ないます。

3DプリンターDreamerだと本体タッチパネルのツールから水平だしアイコンをタッチして、実行します。

79876A816647481AB8D7F183D8E17AF1B3E2693E25A835614C20B5C4E343803D

 

エクストルーダーはプラットフォームの上で移動して手前、左奥、右奥、中央全部で4回止まります。

エクストルーダーが止まる際に付属の水平だしカードまたは幅10センチほどでカットされたA4サイズ紙をヘッドとプラットフォームの間に挟んで、多少の抵抗が感じるまで、プラットフォーム下のちょうネジを回して、調整します。

(FLASHFORGE JAPANは商品を発送する際に水平だし作業を行なっておりますが、念のためにもう一度水平を取りましょう。)

 

 

②水平だし作業が正常にできてから、次はプリントコツに入ります。

3Dプリンター専用ソフトFlashPrintを立ち上げます。

実際のオブジェクトをプリントする前にサンプルデーターで3Dプリンター本体の調整を行ないます。

ソフト左上のメニュー:ファイルからサンプルデーターの20mmBox.STLを選択してロードします。

キャプチャ

 

 

回転アイコンでモデルをX軸に90度回転させ、移動アイコンでプラットフォームにセットします。その後、アイコンスケールでモデルを高さ120mm、幅200mm、奥行130mmに変更します。(均一スケーリングのチェックを外して操作します)

キャプチャ1キャプチャ2

キャプチャ3

 

拡大したモデルをスライスします(解像度で標準を選択すると、第一層目のレイヤーは0.3mmに設定します。)

スライス後のGコードを3DプリンターDreamerに転送して実際のプリントを開始します。

キャプチャ4

 

一層目のレイヤーが0.3mmとなっておりますが、このままプリントするとヘッドから押し出された樹脂がプラットフォームとの定着する面積が少ないため、樹脂の反りが発生しやすいです。

そのため、テストプリントを開始し、最初のフィラメントラインが出ている時に、ヘッドがプラットフォームにフィラメントをこすりつける様に薄くラインが引かれるよう、プラットフォーム下の3つのちょうネジで高さ調整します。これにより、プラットフォームにしっかりフィラメントが付着し、反りを防ぎます。高さ調整が出来たら、一度プリントを止め、再度プリントして下さい。反りが殆ど無くプリントされます。

画像(左)をご参考ください。(こすり付けると設定の0.3mmの一層目の樹脂層が0.1mm程薄くなります。)

D3D9D533004995CB70D1D20F5FD3D69DC8AFA3A4A8D37D50A5C9C36A5CEBA524

テストモデルの一層目をプリントするのにじゅうぶんか時間があるので、プラットフォーム全体の調整が完了したら、今度はテスト印刷を中止して、本番の造型をスタートします。

 

 

Syuumei;)

FLASHFORGE JAPAN

3Dプリンターエクストルーダー押し出しのギアチェンジー

3Dプリンターエクストルーダー押し出しのギアチェンジー

3Dプリンターエクストルーダー押し出しのギアチェンジー

ブログ12g

 

プリント中にオブジェクトの表面に波状の模様ができたり、または出力中にフィラメントが均一に押し出されなくなると、モーターの押し出し引き込み用ギアを取り替えることをお勧めします。

5758CB6C226C007516B15A888A92CC0C

新型ギアは7月より、ホームページのオンラインストアから購入頂けます。

(本日はギアの取替え手順を書いていきたいと思います。)

 

①まず、新しいギアを用意してから、エクストルーダーを3Dプリンター本体のX軸から取り外します。

0FF2E4452D2E6335870D338A5D856D742997A5A4D557073C670F744FEF397AEF

 

②付属の六角レンチでモーター冷却ファンを外します。

4AE935D1071AD68ADC1308FB74B100B6

③後ろ側のモーターコネクタを外して、モーターを取り外します。

137C71A9EEC00F016C963153A9D5BA70

③フィラメントレバーをモーター本体から取ります。

C202B3319063E9F4A89797D8C34FA7F8FD4BAE0DF1AA6229939AE4B08B254FC9

④それから、ギアをモーター本体から取り出して、新しいギアを取り付けます。

7CFC0B843F4CE9181216175CBCB786B316D95E8F86DFDF30121C28F9E0DC750C

⑤フィラメントレバーを組み立てます。

4AC70A05F2667A3E9551391B189565DDAE31F3E69512A4A5B185A218403F764B

⑥左右同じ手順でギアを取り替えることができます。

7CA4FE8B5F5FF2EF0C6D3119E8ADA755

⑦最後はファンなどを元とおりに組み立てて完成です。

97EB0CB68A02A8746884A409AB7EE51100F840741281693DE611F9F0887AE93C

Syuumei:D

FLASHFORGE JAPAN

FLASHFORGE社レイヤ50ミクロンでの3Dプリント

FLASHFORGE社レイヤ50ミクロンでの3Dプリント

FLASHFORGE社レイヤ50ミクロンでの3Dプリント
ブログ11g

3DプリンターDreamerなら造型レイヤーを最も細かくて50ミクロンまで設定できます。
一般のパーソナル3Dプリンターの場合100ミクロンがベースですが、50ミクロンでプリントするとほぼレイヤーが見えないほど造形物の表が滑らかに感じます。

今日は造型レイヤーの設定について書いていきます。
機種:3DプリンターDreamer
スイスエンジン:FlashPrint

このような細かいレイヤーで造型を行うにはすべての3Dデーターに適応するわけではございません。お勧めデーターとして円柱状、丸くてサポートが必要ないモデル、例えば花瓶のオブジェクトなど。。。

通常、FDM型3Dプリンターだと造型レイヤーが0.1mmなので、花瓶またはグラスのような造型を行うと、水を入れてもレイヤの隙間から水漏れする現象が起きています。そのため実際に商品として扱うには理想的ではないのですが、0.05mmのレイヤの厚さでプリントすると水漏れしないことに気づきました。

早速ですが、50ミクロンのプリント設定を行っていきます。
ソフトFlashPrintを立ち上げます。
<注意:なるべく、サポートが必要ないモデルを選択しましょう!>
画像のような、オブジェクトが一番理想的です。
キャプチャ

スライスを行います。50ミクロンで造型するにはPLA樹脂がお勧めです。
溶ける温度が割りと低くて、ヘッドから押し出された樹脂が固まるのもABSより時間がかかるので下の層の樹脂にくっ付きやすいからです。
サポートなし、ラフトなし、そして解像度にはハイパー(高精度)
そして、花瓶モードにチェックを入れます。(充填が0パーセントになります。)
キャプチャ2
その他のオプションの<レイヤ>でレイヤーの高さを0.05mm(50ミクロン)、第一層目のレイヤーを0.1mmに設定します。
キャプチャ3

それから充填率を10パーセントに変更します。(ここでの充填率はモデルの外壁の中身となります。外壁が薄いほど充填率を下げます。時には0パーセントでも構いません。)
キャプチャ5

プリント速度はオブジェクトが小さいほどスピードを上げます。オブジェクトのサイズが大きいほど造型スピードを下げます。FlashPrintの場合30パーセントから60パーセントがベースです。それからプラットフォーム温度を60度に設定します。
キャプチャ6

最後に<ファンを有効にする>のところを必ず<はい>に設定します。
PLA樹脂は造型中に素早く冷やしていく必要があります。
パラメーターの設定が完了したら、OKを押してスライスを実行します。
キャプチャ7

こちらが50ミクロンでプリントした完成品となります。
見た目はほぼレイヤが感じないほど細かくプリントされています。
10616678_852704841444063_144970608319023958_n

11377249_852704818110732_612383394142738998_n

朴 秀明
FLASHFORGE JAPAN

FLASHFORGE3DプリンターCreatorProの水平だし

FLASHFORGE3DプリンターCreatorProの水平だし

FLASHFORGE3DプリンターCreatorProの水平だし
ブログ10g

3Dプリンター本体が届いて、初期セットアップが完了したら、水平だしを行いましょう!
今回はCreatorProの水平だしを紹介します。

FLASHFORGE社製デュアルヘッド3DプリンターCreatorProです。
BB5CD3605B04F6BDBCC01D9C6143B613

まずは電源を入れましょう!
07FCFDF1B0E155B90FFE22514601F261
電源が入ると本体内部のLEDが点灯します。

付属のSDカードを取り出し、本題正面液晶パネル上側に差し込みます。
(SDカードの中には専用ソフトとマニュアル以外にCreatorシリーズ専用水平だしファイルが入っております。)
水平だしファイル名:Plateleveling.x3g
58FFB53AD1D50392E9E2387D53031431
9E066A65FE658FA94526A1FC7D983A9E

パネルの中のPrint from SDをクリックします。
D965BF554D40C3242847D5D7EB9936B9

水平だしファイルPlateleveling.x3gを見つけたら、作動するまで、連続5回ほどOKをクリックします。
(水平だし作業は必ずプラットフォームとヘッドが10センチほど離れた状態でお願いします)
D548E9F6F5CAEB2B52CE71150C94492E

エクストルーダーは一旦右奥側(原点)に移動してから、手前に移動して止まります。
1D592894C6F0F094CB9B14D072CC938C

A4サイズの紙を一枚用意して、紙をヘッドとプラットフォームの間に入れ、多少の摩擦を感じるまで、プラットフォームの下に付いてる蝶ネジを回して、プラットフォームの高さを調整します。
FB8163B63B4C171A60275195070A853E39F13069D64EBAD3C473A786F357DB591E35F7F0883716AD2E00EC231261998E

プラットフォーム手前側の水平だしが完了したら、OKを押すと、エクストルーダーが次の場所へ移動します。
右奥側の水平だしを行います。
9B988F930BBCD98F33CC9C0D68861B43
BC5394399D5A9C81A3BF9FE1AE793A05
その後、左奥側の水平だしを行います。
012D8A31F23CFF0308280876D4E76F1F

最後にエクストルーダーはプラットフォームの真ん中に移動して止まります。
もう一度OKを押しと、プラットフォームが10センチほど下がって、水平だしが完了します。
3AFB313B8CB0F868C40811219A5C3E1A11E389B1F8DFA816B631C63455E2CD35

注意:水平だしはあくまでも、ヘッドとプラットフォームが衝突するトラブルを防止するためでございます。

Syuumei:D
FLASHFORGE JAPAN

3Dプリンター専用ソフトFlashPrint3.2.0リリース

3Dプリンター専用ソフトFlashPrint3.2.0リリース

3Dプリンター専用ソフトFlashPrint3.2.0リリース

ブログ9g

 

3Dプリンター専用スライスエンジンFlashPrintが新しく変わりました。

最新バージョンはFlashPrint3.2.0になります。

ソフト更新後、3DプリンターDreamerの本体ファームウェアも更新しましょう!

 

今回の更新によりオープンソースであるスライスエンジン①3Rと②スキンフォージーを削除させて頂きました。

その代わり、FLASHFORGEのオリジナルスライスエンジンであるFFスライスの性能アップを実現できました。

スライス速度がより速くなり、安定するようになっております。

表示画像のレイアウトが変わりました。

キャプチャ

画面上のサポート材をクリックするとサポートオプション欄が増えました。

サポートオプションより、サポート材の形状を二種類からお選び頂けます。

キャプチャ2キャプチャ3

 

枝状サポート材 PLAフィラメントに適応します。

キャプチャ4

 

ライン(棒)状サポート材,ABSフィラメントに適応します。

キャプチャ5

 

新しいソフトを試してみて、使い慣れないと思ったら、前のバージョンを製品ページにサポートからソフトの各バージョンがダウンロードできます。http://flashforge.co.jp/support/

 

オブジェクトの底面と頭部(頂面)表の枚数設定を追加しました。

6

オプションとして花瓶モードを追加しました。

9

 

 

花瓶モードにチェックを入れた場合はオブジクトが花瓶のように中身が空になります。

キャプチャ7

花瓶モードにチェックを入れない限りには基本充填で内部にサポート材がプリントされます。

キャプチャ8

 

Syuumei:)

FLASHFORGE JAPAN

 

 

 

3Dプリンターエクストルーダー分解&ヘッドの交換

3Dプリンターエクストルーダー分解&ヘッドの交換

3Dプリンターエクストルーダー分解&ヘッドの交換

ブログ8g

 

FLASHFORGEの3Dプリンターは出力ヘッドとエクストルーダーは一体型となっております。エクストルーダー本体は少々重くはなりますが、一体型に設計するとフィラメントの押し出しと引き込み作業がより順調に行えて、ヘッドからフィラメント出力がより安定するからです。

 

だれでも、簡単に分解クリーニングできるように、FLASHFORGEのエクストルーダーは分解&組み立て可能な仕組みとなっております。ヘッドの目詰まりを起こしたり、フィラメントの出力が悪くなったりすると、エクストルーダーを分解して、掃除することができます。

79CBF36E9886B17AD9252954790D0B49

 

では、分解手順と、ヘッドの交換方法をご紹介したいと思います。

(今回の分解は右ヘッドの交換になります。)

 

①まずは、3DプリンターDreamerに電源を入れて状態で、エクストルーダーにセットされてる、フィラメントを取り出します。

タッチパネルの左上の樹脂交換から右フィラメント押し出しから操作できます。

CD7A0A821F0D7AA3E02F680806311814B69F71B085E9F7594BF10A58FAF1245F

 

 

②温度が230度になると、押し出し作業がスタートします。ガッガッガと音がなって、フィラメントが出ない場合は、エクストルーダーの上からフィラメントを挟んで少し力を入れて、引っ張ってください。

 

3A2D9A5B47CF0FA299F04B33EDE3473F

 

③付属の六角レンチでエクストルーダーのX軸固定ねじを外して、エクストルーダーを3DプリンターDreamer本体の上におきます。

16CA3E1AAA12526B5CA26E2FAB30696E

 

④右エクストルーダーの冷却ファンを外すと、右側のモーターが取れます。

(もターの配線が壊れないように、できれば、コネクタを外しておいてください。)

A26918210C6B01806875BE80661C5E23DF53F10F0CC9A0874D36421F0FBC45BD

 

⑤モーターを外すと、ホットエンド(ヘッド)を固定する長方形のアルミ板の裏側に六角ネジが確認できます。六角レンチでネジを緩めましょう。

 

58B25709B9DCF160859CF36DC692AEF940A2DD6F30F2BF00DCFE23DD6BC3D6FA

 

 

⑦ホットエンド配線と熱電対配線をエクストルーダーの基盤から外します。

まずは蓋を取って、マイナスドライバで配線を外します。

4D70BD8C6039E91A1A2011DC909008131A51A17E3547110B009604223AC77356

 

 

⑧配線が全部取れてから、モンキレンチで右ヘッドを回しながら、長方形アルミ固定板からヘッドを取ります。

4EAC6E9918D5DB1CCF5129A1E82F3782

 

⑨ホッドエンドの中には白いチューブが入っております。FDM型3Dプリンターにとっては消耗品となりますので、チューブを新しいものに取り替えましょう。

67614F5D7432CED77E5F341E1262464A

 

 

⑩ヘッドが取れたら、ホットエンドに包まれた(断熱材のガラスウイル)カプトンテープを取ります。

(また、使えるので、丁寧に取りましょう)

3C714C32BF79F7062BDA6DEBD651B550

 

⑪ヘッド正面側に六角ネジがあります。六角ネジを緩めると、ヘットエンドが取れます。また、モンキレンチで熱電対を半時計回りに回して外しましょう。

3DBFB626D5B775E2DACEE44511216D649B976AE3007E162DA4D180F57D9AEAE680E641CAF2F8D985A7316649E34BED68

 

⑫画像のようにプラスドライバの先端をホットエンドの通路に差し込んで、モンキレンチでヘッドを半時計周りに回すとヘッドが取れます。これで、(交換する部品が全部取れました。)

7F08D5D51CF4E8E895A97C7D5B8ACCF18A94F9673B2D41C88E9E02F7207C4549

 

以上手順でヘッド&チューブを交換するためのエクストルーダー分解となります。

組み立ては逆の手順で行いましょう!

 

注意:

(精度が悪くなったり、樹脂の押し出しが悪くなったりすると、ヘッドまたは白いチューブを取り替えましょう。FLASHFORGE JAPANからお求め頂けます。その場合はメールまたは電話でお問い合わせお願いします。)

 

FLASHFORGE JAPAN

E-mail:info@flashforge.co.jp

TEL:06-6710-9061

FAX:06-6575-9907

3DプリンターDreamer枝状サポートについて

3DプリンターDreamer枝状サポートについて

3DプリンターDreamerスライスソフト枝状サポートについて

ブログ7g

 

Dreamer専用スライスソフトFlashPrintには三種類のスライスエンジンがあります。

FLASHFORGE社オリジナルスライスエンジンはffslicerです。

スライスエンジンの中でも最もスライスのスピードがはやいです。

では、スライスエンジンffslicerについて説明させて頂きます。

 

ffslicerでスライスを行う場合は、事前にオブジェクトのサポート材を設定する必要があります。(ffslicerのサポート形状は木の枝のような形になります。)

まずは、3DプリンターソフトFlashPrintを立ち上げてから、3Dデーター(SLAファイル)をロードします。

(本日はメガネを出力してみます)

キャプチャ

 

左上のメニューから編集をクリックして、一番したのサポート材を選択すると、以下画像のように画面上の表示アイコンが変わります。

ここでは、自動でサポート材をオブジェクトへ追加したり、或いはサポート材を手動で付けたいところだけ付けることができます。

また、自動サポートを実行した後に、必要ないと判断したサポート材は取り消すこともできます。

キャプチャ1

 

まずはアイコンAで自動サポートをクリックすると、コンピューターが勝手に判断して、オブジェクトへサポート材を付けます。(枝状サポートといいます。)

キャプチャ2

 

更に追加したい場合は、左側のアイコン(追加)をクリックして、マウスで画面上のオブジェクトを左クリックしっぱなしで、マウスをプラットフォームの底面に移動すると、新たなサポートが追加されます。サポート材を消したい場合は左側のアイコン消除をクリックして、マウスを消したいサポートにおくと、緑色のサポート材が薄い水色に変わります。その後、左クリックするとサポート材が消えます。

サポート材設定が完了したら、右上のアイコンでロード画面に戻ることができます。

(現在のサポートファイルを保存しますか)とメッセージがでると思いますが、いいえをクリックしても、追加されたサポートはオブジェクトの一部として画面上に現れます。

キャプチャ4

現在のサポート材で問題なければスライスをクリックして、パラメーターの設定を行います。スライスエンジンは三番目のffslicerを選択します。このよう枝状サポート材はffslicerのみ対応しております。

キャプチャ5

 

注意!

枝状サポート材はABS樹脂には向いてないので、PLA樹脂でのプリントでよく使われます。左右ヘッドで二色プリントと異なる樹脂でサポートしたい場合は左ヘッドにサポート材の樹脂を選択します。

(テストはPLAでのシングルヘッドプリントになりますので、右ヘッドはPLA樹脂を選択します。サポート材とラフトも右ヘッドを選択します。)

解像度は高いまたは、ハイパーを選択します。精度を上げると、プリント時間は長くなりますが、より精密で綺麗な造型ができます。

キャプチャ6

 

最後に、その他のオプションで、温度をプラットフォーム60度に変更してOKをクリックしてスライススタート!

キャプチャ

 

スライス後のデーター(Gコード)に問題なければ、このまま3DプリンターDreamerにファイルを転送してプリントを実行します。

キャプチャ8

 

次回はデュアルヘッド3Dプリンターエクストルーダーの分解掃除&ヘッド交換についてです。

 

Syuumei;)

FLASHFORGE JAPAN

3DプリンターDreamer板型サポート材について

3DプリンターDreamer板型サポート材について

3DプリンターDreamer板型サポート材について

ブログ6g

【 スライスエンジンSkeinforgeの応用】

3Dプリンター専用スライスエンジンの中でも、多くはオランダのウルチメイカ、アメリカーのメイカボット、イギリスのレップラップのように、オブジェクトのサポート材として、板型がよく使われています。

(その理由としては、プリント後のサポート材が取り外し易いことと、サポート材の量が割りと少ないからである。)

ここで紹介されるDreamer専用スライスエンジンであるFlashPrintにもこのようなサポート材がお使いになれます。それでは、板の形をしたサポート材についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

①ソフトの立ち上げ:パソコン上のFlashPrintを起動します。

左上のファイルをクリックして、上から三番目のロードファイルからデーターを読み込みます。

キャプチャ

 

②ファイルを開いて、スライスをクリックして、スライスエンジンをSkeinforgeを選択します。(板型サポートならSkeinforgeのみ対応しております。)

キャプチャ1

③フィラメントの設定とプリントヘッドの設定

右ヘッドにABS樹脂を選択します。

(左ヘッドではプリントしませんので、そのまま放置)

注意:スライスエンジンSkeiforgeでは右ヘッドで単色プリントがベースとなります。Skeiforgeはデュアルヘッドプリントに対応しません。

サポート材は有効にチェックを入れて、ラフトも有効にチェックを入れます。

キャプチャ2

 

 

④解像度:プリントするレイヤーの厚みと全体的のクオリティをさします。

より高い質でプリントしたい場合は解像度に(高い)にチェックを入れます。

スカートとはプリントを準備するための最初に押し出される樹脂のことです。

(スカートが提示される場合はスカートにチェックを入れましょう。)

(編集可能なサポート材は3番目のスライスエンジンFFSlicer専用になりますので、チェックを外しましょう。)

キャプチャ3

 

 

⑤その他のオプション レイヤ:

今回のモデルは細高いフィギュアなので、足の部分がかなり欲しいため、外枠の暑さを2に変更します。

(外枠の暑さとは、モデル本体の外壁の枚数のことをさします。より、丈夫なプリントを目指す場合は3とかでも構いません。)

キャプチャ4

 

⑥その他のオプション 温度

ABS樹脂なので、ヘッド温度を230度に設定します。

プラットフォーム温度を115度に設定します。

PLA樹脂の場合はヘッドが210~220度、プラットフォームが50~60度

キャプチャ5

⑦(その他)は特に設定を変える必要はございません。

これで、問題なければ、OKを押して、スライスを実行します。

キャプチャ6

 

⑧スライスが終了すると、画像のように、板の形をしたサポート材がオブジェクトを囲んでる様子が確認できます。

キャプチャ9キャプチャ7キャプチャ8キャプチャ111

 

次回は枝形サポート材について書いていきます。

 

Syuumei;)

FLASHFORGE JAPAN

 

3Dプリンターオブジェクトのサポート材について

3Dプリンターオブジェクトのサポート材について

3Dプリンターオブジェクトのサポート材について

ブログ5g

 

【用語説明】

STLファイル:3DCADまたは三次元造型ソフトで作られた立体データーです。

(3Dプリンターで物を出力する場合はSTLファイルつまり立体データーがないとプリントはできません。)

(紙プリンターの場合だとテキストがないとプリントできないことと同じです。)

サポート材:3Dプリンターで物を出力する場合に使われるオプションです。

(主に凸凹が前後左右上下に広がったモデルはサポート材を利用しないとプリントができない場合が多いです。)

簡単にいうと、立体模型を支える立体模型です。

 

Dreamer専用ソフトFlashPrintには利用可能なサポート材は以下3種類がございます。

①蜂の巣のような形をしたサポート材

②薄い板状の形をしたサポート材

③木の枝の形をしたサポート材

プリントするオブジェクトの形状によって、異なったサポート材を選択する必要なあります。

【テスト】

今回のテストは鹿の3Dデーターで説明させて頂きます。

①蜂の巣のような形をしたサポート材について

鹿の3Dデーターを3DプリンターDreamer専用ソフトFlashPrintにロードします。

キャプチャ

スライスからパラメーターの設定を行います。

蜂の巣でサポートしたい場合はスライサSlic 3rを選択します。

キャプチャ1

ABS樹脂でオブジェクトを出力する場合は右フィラメントにABSを選んで、同じABS樹脂でサポートする時はサポート材に同じ右ヘッドを選択します。

キャプチャ2

 

(FLASHFORGE社製3Dプリンターはすべてデュアルヘッドプリンティング方式なので、2色プリント以外に異なる樹脂でサポートすることもできます。)

異なる樹脂でサポートする場合は左ヘッドにDissolvable Filamentを選び、サポート材に左ヘッドを選びます。

異なる材質でサポートする場合はホットエンドの温度もチェックしましょう。

その他のオプションの温度から、左ヘッド温度をサポート材フィラメントが適応する温度に変更できます。

(注意:ABS樹脂のサポート材として利用できる樹脂はABS、またはHIPS樹脂となります。その場合サポート材HIPSを出力する左ヘッドの温度を230度に変換します。ちょっと大きめの3Dデーターをプリントする場合は240度に設定します。その後プラットフォーム温度はABSと同じく115度に設定します。)

キャプチャ3

 

3DデーターをPLA樹脂で出力する場合は右ヘッドをPLA、左ヘッドはDissolvable Filament、サポート材に左ヘッドを選択します。その後はその他のオプションから温度を右ヘッド210度、左ヘッドを190度、プラットフォーム温度を60度に設定します。

キャプチャ4

以上設定が完了すると、OKをクリックして、スライスを実行します。

 

左側のスライドを上下に移動すると、画像のように、蜂の巣の形をしたサポート材が確認できると思います。

Baidu IME_2014-12-25_17-33-0キャプチャ5

次回は薄い板状サポートについてご紹介させて頂きます。

Syuumei:)

FLASHFORGE JAPAN