Author: appletree

【販売情報】Adventurer3ベッド水平出し用固定具の販売を開始いたしました。

【販売情報】Adventurer3ベッド水平出し用固定具の販売を開始いたしました。

Adventurer3ベッド水平出し用固定具の販売を開始いたしました。

この商品は、当HPのサポートページから無料ダウンロードすることもできます。

Adventurer3の水平がずれ、印刷できなくなる前に、印刷して準備しておいてはいかがでしょうか。

Adventurer3ベッド水平出し用固定具【同梱不可商品】

【販売情報】フィラメント乾燥ボックスの販売を開始いたしました。

【販売情報】フィラメント乾燥ボックスの販売を開始いたしました。

フィラメントは湿気を吸ってしまうと、うまく造形ができなくなってしまいます。
そこでこの度、新しくフィラメント乾燥ボックスの発売を開始いたしました。

PolyBox 3Dプリンター用フィラメント乾燥ボックス 【同梱不可商品】

湿気の多い時期、この機会にぜひお試しください。

【お知らせ】消費増税に伴うオンラインストアでの取り扱いについて

【お知らせ】消費増税に伴うオンラインストアでの取り扱いについて

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
今年10月から実施されます消費増税に伴いまして、商品価格の取り扱いについてご案内させていただきます。

9月30日(月)までに入金が確認された商品につきましては8%、10月1日(火)以降に入金された場合は10%の消費税が掛かります。
また、代引き商品につきましては、9月30日(月)までに発送された商品が8%の対象となります。

ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

【お知らせ】お盆期間休業と修理受付についてのお知らせ

【お知らせ】お盆期間休業と修理受付についてのお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
お盆の休業期間について、以下お知らせ致します。

休業期間:2019年8月10日(土)~8月18日(日)

※ホームページからのお問い合わせにつきましても、8月19日(月)以降順次回答をさせていただきます。

 

また、それに伴いましてお盆前の修理受付は8月2日(金)12時までとさせていただきます。
8月19日(月)から再び、修理受付を再開させていただきます。

※修理依頼につきましてはメールでの受付のみとなっておりますので、お早めにご連絡ください。
※混雑状況によってはお盆明けの対応となる可能性がありますので、予めご了承ください。

【イベント】ワンダーフェスティバル2019[夏]に出展致します。

【イベント】ワンダーフェスティバル2019[夏]に出展致します。

2019年7月28日に、幕張メッセでワンダーフェスティバルに出展いたします。

当社APPLE TREEと、東京代理店であるNSS社との共同出展になります。

 

LCD光造形3Dプリンター「ExplorerMAX」は、今回のイベントが初展示となります。

155,000円という、光造形機としては非常にリーズナブルな価格ながら、造形サイズも192×120×200mmという大容量になっております。

他機種と同様、FlashPrintにて簡単に扱うことが可能です。

 

場所

〒261-8550 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
幕張メッセ 国際展示場
 
ブース番号:4ホール h
 
 

日時

2019年7月28日(日) 10:00 – 17:00
 

展示機種

ExplorerMAX
Hunter
Guider2
Adventurer3
 

入場料

2,500 円 (入場チケット兼公式ガイドブック/小学生以下無料)
開場時に優先的に入場できるダイレクトパスもあります。
 
※ダイレクトパスを購入された方も、別途入場料が必要です。
 

アクセス

・JR京葉線     海浜幕張駅より徒歩5分
・JR総武線・京成線 幕張本郷駅より「幕張メッセ中央」行きバスで、約17分
 

ホームページ

【イベント】枚方 蔦屋書店で3Dプリンター体験イベントを開催いたします。

【イベント】枚方 蔦屋書店で3Dプリンター体験イベントを開催いたします。

2019年7月20日と21日に、枚方 蔦屋書店で3Dプリンター体験イベントが開催されます。

無料・お申込み不要で参加いただけるので、お気軽にご参加ください。

お名前キーホルダーがつくれるワークショップも開催予定です。

 

場所

〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-2 T‐SITEビル
蔦屋書店 4F イベントスペース
 
 
 

日時

2019年7月20日(土),21日(日) ①10:00 – 12:00 ②13:30 – 17:00
 

参加費

無料
 

定員

各日50名様
 

アクセス

・京阪電車 枚方市駅南口より徒歩1分
 

ホームページ

【予約販売受付中】ExplorerMAXの予約販売を開始いたしました。

【予約販売受付中】ExplorerMAXの予約販売を開始いたしました。

LCD光造形3Dプリンター、ExplorerMAXの予約受付を本日より開始いたしました。

 

155,000円という、光造形機としては非常にリーズナブルな価格を実現することができました。

造形サイズも192×120×200mmという大容量を実現し、他機種と同様、FlashPrintにて簡単に扱うことが可能です。

 

商品の出荷予定日:9月下旬

 

ご予約は、下記ボタンよりしていただけます。

【お知らせ】大雨の影響による集荷・配達への影響について(7月4日 8時現在)

【お知らせ】大雨の影響による集荷・配達への影響について(7月4日 8時現在)

佐川急便より、以下の内容で配達遅延に関するお知らせが入っております。

最新の情報につきましては、下記URLよりご確認ください。
https://www2.sagawa-exp.co.jp/information/detail/139/

 

お客さま各位

いつも佐川急便をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
九州地方を中心に降り続いた大雨の影響により以下の地域でお荷物の集荷・配達に遅延が発生しております。
お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。
 

対象地域

集荷・配達遅延

  • 鹿児島県:全域
  • 宮崎県:全域

 

その他の地域においても、天候や道路状況によりお荷物の集荷・配達に遅延が発生する可能性がございます。予めご了承ください。

なお、集荷・配達状況の詳細につきましては、担当営業所へお問い合わせください。

担当営業所検索はこちら
https://www.sagawa-exp.co.jp/send/branch_search/tanto/

準工業用 3Dプリンター Creator3 水溶性サポート材PVA出力テスト。

準工業用 3Dプリンター Creator3 水溶性サポート材PVA出力テスト。

本日はFLASHFORGE 最新機種であるCreator3の出力テストとPVAサポート材のパラメータについて紹介致します。

 

Creator3のスペックチェックはこちら http://flashforge.co.jp/creator3/

 

ステップ1:PVAスライスパラメーター

まず工業モデルのサンプルSTLをCreator3専用スライサーFlashPrintにロードしてサポート材を取り付けます。

下記画像にあるサポート材パラメーターをご参考下さい。

サポート材を取り付けてからはスライスを実行してGコードを書き出します。

(画像はFlashPrintのエキスパートモードです。)

ラフトをしっかりビルド側に定着させるに第一層目のレイヤー(線幅)を0.27mmに変更しました。

それから溶解性フィラメントを適合させるのところで適用をクリック!

ラフトを左ヘッドにしてモデルのスペースを0.00mmに変更します。

(左ヘッド側にPVAを装着する予定です。)

(モデルのスペースとはモデル本体とラフトの隙間のことです。)

サポート材を有効にして(はいにチェック!)

エクストルーダーを左ヘッドに変えます。(左ヘッドでサポート材をプリントするので、、)

それからサポートされる厚みを100パーセント!

最後に高度な設定で(First Layer Extrusion Ratioを125パーセント)に変えます。

(それら以外は基本デフォルトで問題ありません上記パラメーター修正が完了したらOKを押してスライス実行し、GコードをUSBフラッシュメモリに保存します。

スライスに関しては以上です。

 

ステップ2:Creator3 本体側のセッテイング

ノズルブラシとゴミ箱がずれないようにしっかり本体側にセットします。

 

PVAサポート材を左、PLAフィラメントを本体右側にセットします。

 

プラットフォームにノリ塗って、PVAの場合は必ず本体上部ふたを開けておきます。

ふたを閉まったままプリントすると熱がこもってPVAサポート材が押し出しギアに絡んでしまう恐れがあります。

 

上記準備ができたら先ほどスライスしたGコードでプリント実行します。

 

ステップ3:モデルの後処理

20時間後プリントが完了しました。(壁に囲まれてるのでモデル本体がみえません。)

壁:モデル本体を印刷する直前にノズルのプレ押出をするために用意されたオプションです。

(2色プリントと水溶性サポート材の場合は必ず壁オプションにチェックを入れましょう。)

プラットフォームを本体から取り外しました。

スクレーパーでモデルをベッドから剥がてみました。

それからニッパーでラフトをモデル本体から剥がして壁を外しました。

 

手にとってみたらオブジエクト本体とサポート材がくっ付く面もかなり綺麗感じです。

(サポート材の色もモデル本体に混ざっていません~)

出力サンプルを角度変えて撮影してみました。

正面→左→右

  

後→上→下から

  

ステップ4:水で溶かす

最後に50度のお湯に数時間つけておきます。(PVAサポート材は水溶性フィラメントだから水で解けます。)

超音波洗浄機があればもっと早く解けるはずです。

サポート材、もしくはモデルの形状によって溶解時間は異なりますのでご注意ください。

十数時間水につけておいてもなかなか解けない部分はブラシなどで取りましょう。

 

6時間後3Dプリンター Creator3によるPVAサポート材使用のオブジェクト完成しました。

PVAサポート材で支えてたオーバーハングも割と綺麗にプリントできています。

(若干網状のサポート材の跡が残ってるけど全体的に良い仕上がりです!

 

 

製品について詳しいことは下記連絡先までお問い合わせください。

 

☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆
APPLE TREE株式会社
〒556-0005大阪市浪速区日本橋4-5-9
FLASHFORGEJAPAN
[TEL]06-6710-9061 [FAX」06-6575-9907

■購入・相談
 E-mail:info@flashforge.co.jp
■購入後のサポート
E-mail:support@flashforge.co.jp
■3Dプリンター公式ホームページ
http://www.flashforge.co.jp 
■APPLE TREE株式会社総合サイト
http://appletree.jp.net 

■営業時間■
平日 AM9時:30~PM17時:00
*お電話でのお問い合わせは営業時間内にお願いいたします。
*メールでのお問い合わせは24時間承ります。
3Dプリンターの見学は予約制なので、公式ホームページ
展示ルームのお問合せメールからご連絡ください。

☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆»☆

 

 

 

 

 

【イベント】ZBrushリアルフィギュア造形実践講座が開催されます。

【イベント】ZBrushリアルフィギュア造形実践講座が開催されます。

2019年8月4日に、東京都千代田区にてZBrushリアルフィギュア造形実践講座が開催されます。

FLASHFORGE製のHunterを使い、造形するまでの手順や、サポートの付け方など実践的な内容を行います。

 

場所

〒102-0074東京都千代田区九段南1-5-5 ボーンデジタルセミナールーム
 
 
 

日時

2019年8月4日(日) 14:00 – 17:00
 

参加費

10,800 円(税込)
 

講義時間

180分 ※休憩も含みます
 

定員

45人
 

アクセス

・東京メトロ半蔵門線  九段下駅 6番出口より徒歩1分
・東京メトロ東西線   九段下駅 6番出口より徒歩1分
・都営地下鉄新宿線   九段下駅 6番出口より徒歩1分
 

ホームページ

【お知らせ】東京ショールームでCreator3の展示がはじまりました。

【お知らせ】東京ショールームでCreator3の展示がはじまりました。

 

FLASHFORGE 東京ショールームで準工業レベルの3Dプリンター Creator3が追加されました。
見学希望の方は下記のURLよりお申し込み頂けます。

nssngt.com/showroom.html

 

住所

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2-11-17-2階
 

電車でお越しの場合

JR立川駅南口より徒歩6分
多摩モノレール立川南駅より徒歩4分
(新宿~立川間の所要時間は特快27分)
 

お車でお越しの場合

中央道八王子ICより約16分~30分程度
中央道国立府中ICより約12分~30分程度
※1Fに駐車場1台有り(車高2.0m以下)
2台以上でお越しの場合は周辺のコインパーキングをご利用ください。
 

予約制

予約可能営業日:平日 AM10:00~PM05:00
定休日:土・日曜日・祝日
 

アクセス

 

東京ショールームで見学できる製品

AEONレーザー加工機 MIRA
FLASHFORGE 3Dプリンター Guider2 Adventurer3 Inventor Inventor2 Hunter Creator3
JUPITER大型3Dプリンター Jupiter-E
 

お問い合わせ

電話:070-5369-9898
【お知らせ】オンラインストアにポイント機能が追加されます。

【お知らせ】オンラインストアにポイント機能が追加されます。

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

 

FLASHFORGE JAPANオンラインストアにて、6月22日(土)00:00より、ポイント機能が追加されます。

100円分お買い上げごとに1ptが付与され、1pt=1円としてお使いいただくことができます。

 

今後もより、お買い物を楽しんでいただければと思います。

【お知らせ】6月27日・28日出荷お休みのお知らせ

【お知らせ】6月27日・28日出荷お休みのお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

 

6月26日・27日に開催されます、G20大阪のサミットによる交通規制の影響で、商品の出荷ができなくなります。

お急ぎの方は、それまでにご注文していただきますよう、お願いいたします。

DreamerやInventorで、起動画面でロゴが表示されたまま進まなくなる。

DreamerやInventorで、起動画面でロゴが表示されたまま進まなくなる。

DreamerやInventorが正常に起動しない

  • 起動しても、FLASHFORGEロゴが表示されたままフリーズしてしまう。
  • FLASHFORGEロゴが半分くらいまで表示されたところでフリーズしてしまう。
  • 電源は入るが、画面が一切表示されず、起動音も鳴らない。

これらの症状が出る場合は恐らく、TFカードの異常だと思われます。

TFカードは基盤に刺されているマイクロSDカードのことです。

そちらを以下の手順で基盤から取り外して、中のファイルを書き換えてください。

 

ファイルの入れ替え手順

  1. 本体の電源を落とし、ケーブルを抜きます。
  2. 本体の底面の金属蓋を付属の六角レンチで開けて、右上側のメイン基盤にさされたTFカードを取り出し、パソコンにセットして、中のファイルsysとuserを削除して、新しいファイルsysとuserに入れ替えてください。
  3. ファイルを入れ替えた、TFカードを本体にセットしなおしてから、再起動します。

 

新しいsysとuserは以下のリンクより直接ダウンロードしていただけます。

http://flashforge.co.jp/wp/wp-content/themes/accesspress-parallax/software/TFcard.zip

 

また、以上の手順によって本体に保存されているg-code(.stlファイルのスライス後データ)は消えてしまうので、予めご了承ください。

【お知らせ】Hunterで「Motor Timeout!」が発生するお客様へ

【お知らせ】Hunterで「Motor Timeout!」が発生するお客様へ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

 

現在、Hunterの一部にて「Motor Timeout!」というメッセージと共に印刷ができなくなる不具合が確認されています。

こちらのメッセージが表示された場合、お手数ですが弊社お問い合わせフォームよりご連絡いただきますようお願いします。

 

お問い合わせフォーム