Author: appletree

光造形3dプリンターhunterキャリブレーション

光造形3dプリンターhunterキャリブレーション

1.下記の図のように4mm六角レンチでプラットフォームの右側にある六角ネジを緩めます。

2.プラットフォームとレジントレイが動かないように下記図の1と2と3のネジコマをしっかりと締めておきます。

3.Hunterの電源を入れて下記図のようにタッチパネルの設置からZ軸移動を選択します。Z軸の表示数がZ:150.00MMであることを確認します。

必ずZ:150.00MMでなければ水平出しが出来かねますのでご注意ください。Z軸補正から数値をZ:150.00MMに戻してから水平出しを実行してください。

4.Z軸移動の零位を選択し、プラットフォームが一番下に下がって停止するまで待機します。

5.プラットフォームとレジントレイのフィルム部分が並行に接するようにプラットフォームを下に抑えながら下記図のように4mmの六角ネジを締めておきます。

  1. 最後にタッチパネルのZ軸復位を押して水平出しが完了します。

FLASHFORGE JAPAN

 

ゴールデンウィーク休業とお問い合わせ対応時間変更のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
ゴールデンウィークの休業期間について、以下お知らせ致します。

休業期間:2018年5月3日(木曜日)~5月6日(日曜日)

※ホームページからのお問い合わせにつきましても、5月7日(月曜日)以降順次回答をさせていただきます。

 

また、本日よりお問い合わせの対応時間を9時半~17時までとさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

FLASHFORGE 次世代 家庭用 3Dプリンター Adventurer 3 実機レポート

FLASHFORGE 次世代 家庭用 3Dプリンター Adventurer 3 実機レポート

FLASHFORGE 次世代 家庭用 3Dプリンター Adventurer 3 実機レポート

2018年3月24日(土曜日/晴)

【はじめに】

こんにちは~

FLASHFORGE JAPANの朴 秀明です。

いつもお世話になります。

今日はFLASHFORGE新機種であるAdventurerシリーズについてご紹介させて頂きます。

AdventurerはFLASHFORGE社2011年製の最初のデスクトップ型3Dプリンターです。

製品のリリース順でいうとAdventurer→Creator→Dreamer→Explorer→Finder→Guider→Hunter→Inventor

たまたまかもしれませんがBが抜けてるアルファベット順。。。

そんなのどうでもいいから本題に戻ります~笑

Adventurer(アドベンチャー/冒険家)はまだ発売前ではありますが家庭用としてはあまりも完成度が高すぎため我慢できずついに実機レポートを書かせて頂きました。

まず外観からみていきましょう~

(開封説明は超簡単なため省略しておきますね~)

まず開封済みの本体画像をご覧ください。

本体メインカラーは白黒で普通の紙プリンターの雰囲気に似てます~

見た目も非常にコンパクトで他の機種と比べても一番小さいかもしれませんって

いうよりも実際にスペックを比べてみたいと思います(笑

いままでFLASHFORGEで一番小さいモデルがFinderでした。

そしてFinderの実機サイズが幅420奥行420高420mmに対してAdventurer3は

388×388×405mmです。(一回り小さくなってますね~)

そして本体重量も9kgまでに抑えられてます!

では~もっとリアルに並べてみますね~

Adventurer3とFinder

Adventurer3とGuider2 (ワオ―!)

見てるとおりサイズ感がぜんぜん違いますね!

3Dプリンターで結構重視されてるのはもちろんプリントサイズです。

Adventurer本体は小さいけどプリントサイズはどうかな~と気になりますよね!?

すぐに公開しますのでもう少し待っててください~(*^_^*)

まずは見た目を好きになって頂くために各角度から製品画像を撮ってみました。

<正面>

<横から>

<後ろから>

 

<上から>

 

【機能紹介】

それでは早速ですが今からAdventurer3の主な機能について紹介していきます。

まずは一番気になってる出力のワークエリアから説明させて頂きます!

本体サイズに比べては出力サイズも小さくありません。

なんと!150㎜角のオブジェクトが出力できるんです。

更にヒーター付きベッドなのでPLA以外にABSもプリントできるようになってますよ~

(本来ヒーター付きベッドだとプリントの後ってベッドは本体から外せないでしょう?)

答えは:いいえ!Adventurer3のプラットフォームはヒーター付きのスライド式プラットフォームです!更に!更に!プラットフォームは曲げられる素材だからプリント後のモデルはより簡単に剥がれます!

<プラットフォームを取ってみまいた。>

<プラットフォームを曲げてみました。(強度も問題ありません、すぐに変形しそうな素材ではないようです。)>

次に紹介したいのがフィラメントカートリッジです。

フィラメントは本体右側に収納されていてフィラメントのロード&アンロードも全自動化になっています。

(従来の悩みといえばフィラメントがエクストルーダーに入っていかなかったりフィラメント交換でなかなか取出せなかったりして、結構手間がかかってましたが、これらの悩みはすべて最新のエクストルーダーで解決できました。)

もちろんエクストルーダー内にフィラメント検出センサーも内蔵されてるのでフィラメント切れも心配ありません。

<カートリッジを開けてみました。>

<矢印方向へフィラメントを入れました。>

それでは電源を入れてフィラメントロードを試してみたいと思います。

電源オン!(電源は本体右側の奥下にあります。)

いつものフラッシュフォージなりの起動音<ビービッビッビ~ビッビビビー>は変わってないようです。笑

(起動音のオンオフは本体側で設定できます~)

画像どおりタッチパネル言語が英語になってますが本体インタフェースと日本語マニュアルそしてソフトの日本語化はこれからFLASHFORGE JAPANが丁寧に作成していくのでご安心ください~

<赤い丸が電源スイッチ>

<3.8インチタッチパネル>

フィラメントロード手順:①Adventurer本体電源オン→タッチパネルフィラメント→ロード→フィラメントをエクストルーダーに入れて完了!

ここでちょっとびっくりしたのはノズル温度220度まで上がるのにたった数十秒しかかかってません。フラッシュフォージの中では一番早いかも~

実は今回最も紹介したい特徴はヘッド(ノズル)部分です。

ノズルも従来の素材だと真鍮が多いですがAdventurer3はステンレスに変わりました。

そのおかげで加熱速度が倍に上がりました。

そしてノズルもワンプッシュで交換できるようになっています。

(本体内部照明もヘッド側に付いてるのでプリント中の様子確認が楽です。

こんなところ気にしない人もいるかもしれませんが私はけっこう気にいってます!^_^

テストしてみたところ20度から220度に加熱した時50秒かかりました。

主な機能は以上となりますが最後にプリントテストをやってみたいと思います。

本体内蔵メモリに入ってる小船のGコードで出力してみました。

とにかく稼働音はFinderよりも静かです。(45デシベルくらい)

作業机の上に載せておいても気にならない程度だと個人的に思ってます。

 

【最後のまとめ】

FLASHFORGEの他の機種と比較してみて点数を付けてみました~

(もうライバルなんていないようだから自社製品で戦わせるしかないな~なんて一切思ってませんよ!笑)

 

それでは評価スタート!

①見た目もコンパクトで割と狭い空間でも場所など気にせずに使えるし、プリントサイズもそこそこ大きいので+10点。

②Adventurer3の本体素材と基本構造はCreatorProみたいに金属の枠組みとプラスチックの組合せで安定性はあると思いますので+10点。

③Finderも結構精度が良くて操作性も良いと思いますがAdventurer3はABSにも対応してるので+10点。

④ヘッドの目詰まりにおいてのワンプッシュでノズル交換などトラブル解消が非常に便利になったことで+10点。

⑤フィラメント検出機能と全自動押出取出機能付きだから+10点

⑥プラットフォームが取出し可能で曲げることによってモデルがより剥がしやすくなったので+10点。

⑦本体開封からセッテイングそしてプリントまでの流れがより簡単になったので+10点。

⑧キャリブレーション(水平出し)がワンクリックで行えるので+10点。

⑨高画素カメラ機能が付いてるので+10点(将来3Dプリンターには欠かせない機能だと思うしおそらく今後はプリント完了した画像を3Dプリンターからスマホに送ってくるはずです。)

もう90点ですね!

100点満点を狙ってるので最後にすごい機能を紹介致します。

⑩実はFlashCloud(フラッシュクラウド)の開発が進んでいます。

FlashCloudがリリースできれば一台のPCで複数台のAdventurer<or>FLASHFORGEの他の製品の制御&機器管理が実現できます。そうなると自分の3Dプリンターをウェブ上でシェアしあったり、データーの流通が従来より便利になって、ものづくりがより楽しくなっていくでしょう!ということで+10点で合計100点にならせました!笑

以上となりますがプリント結果をみてみたいと思います。

<残り5分でプリント完了。。。>

 

4分…

3分…

2分…

1分…

完成しました!

FLASHFORGE JAPANよりお知らせ:

Adventurer 3は5月中旬に日本向けにリリース致します。

商品価格はまだ未定ですがぜひご期待ください。

また発売準備ができる次第ウェブ上で情報公開させて頂きます。

今後ともぜひよろしくお願い致します。

 

東京3Dプリンティングショー2018に出展しました。

東京3Dプリンティングショー2018に出展しました。

三日間の3Dプリンティングショー無事終了しました。

沢山のご来場者とご協力頂いた方々に心より感謝しております。

来年のTCT/JAPAN主催の東京3Dプリンティング展示会にも出展することになりましたので引き続きよろしくお願い致します。

FLASHFORGE JAPAN

 

ワンダーフェスティバル冬無事終了しました。

ワンダーフェスティバル冬無事終了しました。

ワンダーフェスティバル冬、無事終了しました。

沢山のご来場ありがとうございました。

またワンフェス夏でお会いしましょう。

FLASHFORGE JAPAN

2月18日ワンダーフェスティバル2018[冬]に出展致します

2018年2月18日(日)に幕張メッセにて開催されますワンダーフェスティバル2018[冬]にFLASHFORGE JAPANは3D‐GAN様と共同出展することになりました。

→ワンダーフェスティバルの公式ページ

出展商品は光造形3DプリンターHunter(ハンター)と熱溶解積層方式3DプリンターInventor2(インベンターツー)等2機種です。

そして人気モデル:全長1メータ超えの蒸気機関車D51 792と戦航大和46センチ主砲塔も展示する予定です。(Inventor2でプリント)

模型作者:CGクリエイター成瀬京司 運営ブログhttps://nf0028.wixsite.com/3d-model

ご来場の際は4ホールエリア3D‐GAN卓へ足を運んで頂ければと思います。

東京の皆様とお会いできることを楽しみにしております。

①戦航大和46センチ主砲塔↓        ②蒸気機関車D51 792↓

 

新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!
本年も「FLASHFORGE JAPAN」をよろしくお願いいたします!

皆様にとって良い1年でありますように!(*^▽^*)

年始は1月4日(木)からとなります。
それでは良いお正月休みを!

 

FLASHFORGE JAPAN

FLASHFORGE JAPAN年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

休業期間:2017年12月30日(土曜日)~2018年1月3日(水曜日)

※ホームページからのお問い合わせにつきましても、2018年1月4日(木)以降順次回答をさせていただきます。

 

FLASHFORGE JAPAN

東京・新橋に製品の展示ショールームオープンしました。

東京・新橋から徒歩1分のところにFLASHFORGE JAPAN 製品ショールームをオープン致しました。

東京ショールームでは、下記の製品を実際に見て体験いただくことが可能です。

AEONレーザー加工機「MIRA
FLASHFORGE 3Dプリンター「Guider2」「Inventor」「Inventor2」「Hunter

ショールーム場所

105-0004東京都港区新橋2-11-1 村上建物ビル4

1階は、老舗酒場「HIGHBALL BAR新橋1923
5
階は「送水口博物館

JR山手線「新橋駅」日比谷口を出て、新橋仲通りを西へ約5
・都営地下鉄線「内幸町駅」A1出口を出て、日比谷通りローソンを左折約2

ショールーム予約フォームへhttp://flashforge.co.jp/tenshi/

 

3D Printing 2018 東京ビッグサイトに出展

2018年2月14日(水)-16日(金)に東京ビッグサイトにて開催されます
3D Printing 2018
Additive Manufacturing Technology Exhibitio

FLASHFORGE JAPANは出展することになりました。

→3D Printing 2018の公式ページ

出展商品は、
◇業務用大型造形機 Jupiter
◇光造形3Dプリンター Hunter
◇熱溶解積層方式3DプリンターGuiderⅡ, Inventorシリーズ
の 5機種です。

ご来場の際は、東6ホールエリア 6N-24  へ足を運んで頂ければと思います。
東京の皆様とお会いできることを楽しみにしております。

FLASHFORGE JAPAN

東京2017ogbsオーダーグッズビジネスショーに出展

今週22日・金曜日と23日・土曜日東京2017OGBS [オーダーグッズビジネスショー] に出展いたします。

出展内容:
弊社の新規導入されたレーザー機器AEON LASERを披露いたします。

機種:
①AEONレーザー加工機MIRA30W・空冷・加工サイズ300×500mm
②AEON Fiberレーザー・マーキングマシンPULSER‐F20
③光造形3DプリンターHunter(ハンター)
④パーソナル3DプリンターFinder(ファインダー)

会期:
2017年 9月22日(金)10:00~18:00
2017年 9月23日(土・祝)10:00~17:00

展示場所:
D-16  看板 APPLE TREE株式会社

後援:
月刊現代印章・OGBSマガジン
詳しくは次のリンクまでhttp://ogbs.jp/

アクセス:
オーダーグッズビジネスショー東京会場へのアクセス
サンシャインシティ文化会館
〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目1−1
■最寄駅
東池袋駅(東京メトロ有楽町線) 徒歩3分
池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線) 徒歩8分
東池袋四丁目停留所(都電荒川線) 徒歩4分
■駅からの経路
・池袋駅より
池袋駅東口♯35出口
サンシャイン60通りを通り、右手に見えてくる「東急ハンズ」の横に
サンシャインシティ地下通路入口のエスカレーターがあります。
・東池袋駅より
♯6.7出口方面途中に「サンシャインシティ地下通路」の案内があります。
地下通路でお越しください。

ご来場お待ちしております。

3Dプリンタのおすすめ人気ランキング10選2017年最新版

キャプチャ

自分が求める立体的な作品を、CADデータを入力するだけで簡単に作り出す「3Dプリンター」をご存知でしょうか。デビュー当初は業務用途として注目されていましたが、DIY好きなユーザーを中心に人気が急上昇しています。最近では3Dプリンターとその関連商品を、Amazonで購入することも可能になりました。

そこで今回の記事ではおすすめの低価格な3Dプリンターの人気モデルランキングをご紹介します。3Dプリンターを手に入れて、素敵なDIYライフを始めてみませんか?

続きはこちらhttps://my-best.com/2237

【2016年度版】3Dプリンターを出力品で徹底比較!

ThinkstockPhotos-542829384

家庭用3Dプリンターを買おうにもどれを買えばいいのかわからない。

どれくらいの精度で出力できるのか?出力時間はどれくらいなのか?ランニングコストはどれくらいか?

こんな悩みを解消すべく3Dプリンターを徹底比較してみました。

 

今回製品を比較するに当たり、3Dプリンターメーカー様に出力協力依頼を打診しました。

そして、FLASHFORGE、abee、ストラタシスジャパン(Makerbot)(敬称略)にご協力いただくことができました。

 

それでは各3Dプリンターのスペックを見ていきましょう!

続きはこちらhttp://3d-printer.marketing-be.com/archives/6214

一部商品の値下げとサイト内の商品価格表示について

 

平素よりご愛顧いただき、まことに有難うございます。 この度は価格改定を実行させて頂きました。

一部商品の値下げとサイト内の商品価格を全て税抜き・送料別価格と修正させて頂きました。

改訂後価格:Dreamerドリーマー 129,000円 (税別・送料別)

Creator Proクリエイタープロ 115,000円 (税別・送料別)

Finder ファインダー 64,500円 (税別・送料別)

Hunter ハンター 459,000円 (税別・送料別)

Inventor インベンター 155,000円 (税別・送料別)

InventorⅡ インベンターⅡ 89,800円 (税別・送料別)

GuiderⅡ ガイダーⅡ 219,000円 (税別・送料別)

 

8月1日以降からは改訂後の価格となります。 今後もお客様にご満足いただけるよう、 より良い商品開発に努めてまいりますので、 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

教育現場向けのInventorインベンターシリーズ発売開始

FLASHFORGE JAPANは 教育現場向けの安全性を高めたデスクトップ型3Dプリンター

新シリーズInventor(インベンター)をリリース致しました。

遠隔カメラ機能、ドア安全センサー、保護カバー、停電回復機能など

新しいオプションを導入したInventorInventor2は本日712日より発売致します。

商品の出荷予定日:731(月曜日)

Inventorの製品ページへ

Inventor2の製品ページへ

FLASHFORGE JAPAN

Web

 

3Dプリンター「Finder( ファインダー)」に新色を追加

FLASHFORGE JAPAN3Dプリンター「Finder( ファインダー)」に新色を追加致しました。

色はお客様へのアンケートの結果、日本の伝統色の「藍色(ブルー)」をはじめ、

ホワイト・レッド・グレーなど合計4 色からお好みの色のFinderを選んで頂けます。
新色Finderは本日712日から発売スタート!

出荷予定日:724(月曜日)

3DプリンターFInder製品ページへ

FLASHFORGE JAPAN

Print

 

ワンダーフェスティバル2017[夏]に出展致します

2017730日(日)に幕張メッセにて開催されますワンダーフェスティバル2017[]FLASHFORGE JAPANは3D‐GAN様と共同出展することになりました。

ワンダーフェスティバルの公式ページ

出展商品は光造形3DプリンターHunter(ハンター)熱溶解積層方式3DプリンターFinder(ファインダー)等2機種です。

ご来場の際は4ホールエリア3DGAN卓へ足を運んで頂ければと思います。

東京の皆様とお会いできることを楽しみにしております。

FLASHFORGE JAPAN

20170424130304_284

 

2017年度ゴールデンウィーク期間の営業に関するお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

2017年5月5()~2017年5月7日(日)

休業中にいただいた「お問い合わせ」につきましては、

5月8日(月)以降に対応させていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。