3Dプリンターで作れるものとは?|有名なものから意外なものまでご紹介

導入している企業も増えてきた3Dプリンター。気軽に精密な製造物を、短時間で作り出すことができるということで重宝されています。

また、企業だけでなく、家庭でも気軽に使える家庭用3Dプリンターも増えてきています。

昔より身近になった3Dプリンターですが、実際にどういうものができるのか。イメージがつきにくい方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は3Dプリンターを利用して、作れるものをご紹介致します。

造形物ができるまで

 

では、3Dプリンターを利用すると、簡単に造形物ができると言われますが、実際にどのような流れで作られていくのでしょうか

3Dプリンターから造形物ができるまで一連の流れがあります。

 

3DCADデータ作成

3Dプリンター印刷用ファイル形式へ書き出し

3Dプリンター印刷前データ事前確認、補正

標準添付の3Dプリントより印刷実行

3Dプリンターで造形

造形完了(サポート剤付着)

冷却

サポート剤除去処理

サポート剤洗浄処理

洗浄

完成

 

だいたいこのような過程で造形物は作られていきます。

さらに詳しく3Dプリンターの使い方を知りたい方はこちらのページご覧くださいませ。

 

 

3Dプリンターで作れるもの

 

それでは、さっそく3Dプリンターで作れるものをご紹介いたします。

 

試作

 

商品を製造する際に、イメージを固めるために、施策段階のものを3Dプリンターで作る企業も多いです。

製品を手にもって、感覚の確認、見た目のイメージや構造も確認できます。

 

 

量産品の原型や型も3Dプリンターで作っている企業も多いです。

 

機構確認

 

可動域のある製品の動作の検証、確認などに利用できます。機械部品などの施策に利用することができます。

 

医療モデル

 

心臓、骨などの医療用のモデルや、義足、人口骨、インプラント、補聴器など3Dプリンターで作られているものが多いです。

 

建築・建設模型

 

家を建てるときの、建築、建設模型も3Dプリンターで作られています。個別にパーツを組み合わせて、設計段階からの活用もでき、便利です。

 

冶工具

 

切削加工と同じような制度と微細性により、冶工具を一度に同じ制度で造形可能です。

3Dプリンターを使うことにより、制作期間も短縮できます。

 

フィギュア・記念品・オーナメント

 

最近、3Dプリンターを利用したものが増えてきていますが、

記念品の作成やオリジナルフィギュアなども作ることができます。

その種類はどんどん増えており、新しいビジネスが展開されています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

3Dプリンターの発展により、3Dプリンターを使った様々な造形物が増えてきています。

また、今後もどんどん新しいビジネスが展開されていくでしょう。

気軽に使える3Dプリンターも増えているので、近い将来、一家に一台3Dプリンターを持つ時代もくるのではないでしょうか。

今回、ご紹介した造形物をご参考に、ビジネスや趣味でも3Dプリンターをご活用ください。

ブログトップへ