3Dプリンターの使い方|5つのステップに分けてわかりやすく解説!




通常のプリンターは、よく耳にすると思いますが、3Dプリンターはご存知でしょうか。

身近な日常ではあまり目にしないと思いますが、縁のなさそうなものを思われがちですが3Dプリンターで作られているものは意外に多いものです。

 

そこで今回は、3Dプリンターの使い方を、5つのステップにまとめてみました。

 

3Dプリンターとは

紙に平面的に印刷するものや、鋳型を作って造形材を充填・固形化する形式とは違い、3DCADや3DCGデータを基に、立体を造形する機器のことです。

いわゆる、立体印刷機です。

 

用途としては、様々なものに用いられており、試作段階の製品のサンプルを作るときや、補聴器の製造のような医療分野、大型の3Dプリンターで家を作るなどの建築分野でも活躍しています。

 

3Dプリンターの使い方

製品の製造、医療分野、建築分野で幅広く活躍し、導入する企業も増えてきていると思います。

しかし、実際に3Dプリンターを導入するとなると「どういう風に使えばわからない」という方も多いと思います。

そこで今回は、

  1. データの作成
  2. ファイルの出力チェック
  3. データの変換
  4. 3Dプリント
  5. 仕上げ

の5つのステップに分けて解説していきます。

 

ステップ1 データの作成

3Dプリンターで、造形物を作っていくために、まずは設計図となる3Dデータが必要になってきます。

では、3Dデータをどうやって準備するのかというと、方法としては、3つあります。

 

1つ目が、専用ソフト(3DCADソフト)を利用して、モデリングをしていく方法です。

 

2つ目が、2DCADのデータを3Dに変換する方法です。

2Dデータは、製造現場ではよく利用されていると思いますので、この方法だと、データの入手はさほど難しくなくできると思います。

ただし、2Dから3Dはうまく変換しない場合もあるので、修正が必要になることもあります。

 

3つ目が、3Dスキャナを利用して、3Dデータを抽出するという方法です。

 

ステップ2 ファイルの出力チェック

上記の3DCADソフトで作成したデータは3Dデータ形式で保存されますが、

実際に3Dプリンターを利用するためには、STL形式と呼ばれるものに変換しないといけません。

 

なぜかというと、STL形式では立体形状が尾錠なポリゴンで構成され、そのポリゴンの曲面を滑らかに表現してくれるためです。

 

ステップ3 データの変換

次は、STLデータを実際に、3Dプリンターが出力制御するためのデータには変換する必要があります。

どのようなデータかと言いますと、造形ツールパスデータと言われるデータに変換します。

 

スライスソフトと言われる変換ソフトを利用しますが、3Dプリンターによって、造形ツールパスデータの形式が異なります。

そのため、自分が使っている3Dプリンターに合ったスライスソフトでないと意味がありません。

 

ステップ4 3Dプリント

ここまでデータの準備、チェック、出力データの切り替えが終わって、ようやく3Dプリントをしていくことができます。

3Dプリントをしていく方法としては、3Dプリンターの各種制御を行って利用する方法と、3Dプリンター上の操作パネルをいじって造形指示をだす方法があります。

 

ステップ5 仕上げ

プリントが完了するとほとんどの3Dプリンターでは、目的物の形状を保持するための副材(サポート材)が目的物のまわりや内部に付着したままの状態なので、このサポート材を撤去していきます。

撤去方法は主に、2つあり、手ではがすなど、工具を使って剥離する、ブレイクアウェイという方法と、専用の溶解液を利用して、サポート材をはがしていく方法です。

 

サポート材の除去作業は、それなりに大変な作業なので、覚悟しておきましょう。

 

そして、サポート材の除去が終わると、表面加工をすることにより、さらに美しい製造物ができます。

この加工は、作るものによって変わってきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、使い方が難しそうな3Dプリンターを5つのステップに分けて解説していきました。

細かな作業などはいろいろありますが、大きくこの5つのステップを抑えておくと、3Dプリンターも扱いやすいと思います。

もし、3Dプリンターの使い方でご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。